オフェンス ソルジャー76(SOLDIER 76)紹介・解説

シェアする

Soldier76_Profile_Picture.png

 “兵士になる覚悟はあるか”
ヒーロー名 ソルジャー76(SOLDIER 76)
CV 大川透
ロール オフェンス
公式操作難易度
体力:200 アーマー:0 合計:200

アビリティ

 ヘビー・パルス・ライフル/ヘリックスロケット
コスト:1 弾薬数:
25(ライフル)
1(ロケット)
攻撃力(1発):
5~17(ライフル)
50~120(ロケット)
攻撃範囲
(左クリックorR2)
攻撃範囲
(右クリックorL2)
説明
20141229222041.png 20141229222041.png 左クリックorR2
 オートマチックアサルトライフルでの射撃を行う。
5発目以降はブレが出始めるので遠距離を射撃する場合は射撃を区切る必要がある
右クリックorL2
着弾後爆発するロケット弾を放つ。
爆風でもダメージが発生する。
着弾点が近すぎると自分もダメージを受ける

スプリント
攻撃力:0 クールタイム:なし
攻撃範囲 説明
20141229222041.png  LSHIFTボタンを押している間通常よりも移動速度の速いスプリントを行う。
クールタイムも持続限界時間も無いので常にスプリントすることが可能

バイオティック・フィールド
攻撃力:0 クールタイム:15秒/持続時間:5秒
攻撃範囲 説明
20141229222041.png  自分の真下に回復ポットを置き、周囲の味方と自分自身の体力を秒間40ずつ回復させる。(合計200回復)

アルティメットアビリティ

タクティカルバイザー
持続時間:6秒 攻撃力:5~17
攻撃範囲 説明
 201412292220411.png 照準に最も近い敵に自動でロックオンし、全ての銃弾が照準外でも当たるようになる。
ロックオン中に敵が画面外から外れてもすぐさま他の相手にロックオンされる。
またアルティメットアビリティ発動中はリロード時間も非常に短くなる。

特徴

照準を合わせて敵を撃つということやスプリントがあったりとcall of dutyやBattleFieldといった他のFPSに登場するような能力を持つFPSでは最もオーソドックスといえるヒーロー。
癖が無く、扱いやすいヒーローとも言えます。

自分の真下に回復ポッドを置いてから撃ち合いをすればスタン等のアビリティを持つヒーロー以外には近距離~中距離間で負けることはほとんどありません。
またスプリントはクールタイムも持続限界時間も無いので相手を追撃、相手から逃走、前線への復帰という状況においてアドバンテージとなります。

アルティメットアビリティはいわゆる照準を自動で合わしてくれるチート「オートエイム」とほぼ同じ効果になっていますが、威力自体に強化が入るわけではないのでタンクを殲滅することには向いていません。
タンクの裏にいる相手に最初に照準がロックオンされるように立ちまわる工夫が必要となっています

スキン

パッチによる変更点

ストーリー

ソルジャー:76として知られる自警団員。国際指名手配された彼は、オーバーウォッチ凋落の背後に隠された真実を暴くため、孤独な戦いを続ける。

ソルジャー:76は世界各地で起きた一連の襲撃事件でその名を知られるようになった。この襲撃は金融機関、黒い噂の絶えない企業、オーバーウォッチ関連施設の掌握を狙ってのものだった。彼はオーバーウォッチの元エージェントで、オーバーウォッチ崩壊をめぐる陰謀を暴こうとしているのだと主張する者もいた。

彼の正体は依然として謎に包まれているが、アメリカの“強化兵計画”で訓練を受けた兵士の一人だと考えられており、一般兵士を上回る身体能力や様々な強化を施された彼は、並外れた戦闘力を備え、最新の武装(大半はオーバーウォッチの基地から盗んだもの)で身を固めている。

オーバーウォッチを凋落させた黒幕を突き止め、裁きを下すその日まで、彼の追及の手が止まることはない。

メディア

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする