ディフェンス トールビョーン(TORBJÖRN)紹介・解説

シェアする

Icon-portrait-hexagon.4TciV.png

 “今日も一日、ぶっ飛んで行こうぜ!”
ヒーロー名 トールビョーン(TORBJÖRN)
CV 高岡 瓶々
ロール ディフェンス
公式操作難易度 ★★
体力:200 アーマー:0 合計:200

アビリティ

リベット・ガン(メイン)/リベット・ガン(サブ)
コスト:1(メイン)/3(サブ) 弾薬数:18 攻撃力(1発):
70(メイン)
15(1発)x10(サブ)
攻撃範囲
(左クリックorR2)
攻撃範囲
(右クリックorL2)
説明
20141229222041.png 201412292220411.png 左クリックorR2
連射は出来ないが遠距離まで届くリベット弾を1発発射する
右クリックorL2
ショットガンのように鉄の破片を前方にばらまく。
遠距離での命中精度は低い

フォージハンマー
攻撃力:75 クールタイム:0
攻撃範囲 説明
20141229222041.png フォージハンマーでタレットを叩くことでタレットの修理、アップグレードが可能になる。
またフォージハンマーで相手を叩くことでダメージを与えることも可能

アーマー・パック
攻撃力:0 クールタイム:0
攻撃範囲 説明
20141229222041.png 50スクラップを消費し、前方にアーマパックを設置する。
取得したヒーローは+75のアーマーが付与される。

タレット設置
攻撃力:
14(銃撃・ロケット)
クールタイム:8秒
攻撃範囲 説明
20141229222041.png 前方に自動で相手を攻撃するタレットを設置する。
タレットは攻撃力は変わらないもののレベルが上がるにつれて連射速度が上がる。
アルティメットアビリティ発動中はタレットレベル2の場合、3まで上がり銃撃だけでなくロケットも発射するようになる。

アルティメットアビリティ

モルテンコア
持続時間:12秒 攻撃力:0
攻撃範囲 説明
20141229222041.png トールビョーン自身に+300のシールドを付与し、タレットレベル2のタレットを3にレベルアップさせる。

特徴

トールビョーンの攻撃自体は連射力も無く威力も高くありませんのであくまでもトールビョーン自体は脇役でタレットが主役となっているヒーローです。
タレット自体は非常に優秀な性能となっており、ターゲットにした相手に対してはほぼ全ての弾を当て続けるだけでなく有効角度は360°、有効射程もかなり高いものとなっています。

タレットは設置後、叩き続けることでレベルを2まで上昇させることができ、アルティメットアビリティ発動中はレベル3まで上昇し、銃撃の他にロケット弾を発射するため攻撃力が非常に高くなります。

トールビョーンがゲーム内にいると敵・味方のヒーローが倒れた場所にスクラップが出現し、そのスクラップを50使用することでアーマーパックを設置することができ、拾ったヒーローに+75のアーマーを付与させることが出来ます。

アーマーをタンクやオフェンスに付与してあげることで生存率が上がるので積極的にアーマーパックを設置してあげると良いかもしれません

スキン

パッチによる変更点

2016年2月9日 (ベータ版) 変更点: スクラップ数の上限が100から200に増加;拾えるスクラップの数は30から20に減少;インジケーターがプレイヤーのスクラップ集めが簡単な場所へ導く機能追加

ストーリー

全盛期のオーバーウォッチは地球で最高の先進的軍備を保有していた。それは天才技師、トールビョーン・リンドホルムあってこそのものだった。

オムニック・クライシス勃発以前、トールビョーンは世界各国で使用されている兵器の設計者として知られていた。しかし、テクノロジーはより良い人類の未来のために使われるべきとの信念を持つ彼は、人工知能のネットワークを駆使し、兵器を制御しようとする雇い主たちと次第に反目するようになっていった。

トールビョーンは知覚を持つ人工知能に対し深い疑念を抱いていたが、同業者たちは彼を誇大妄想家だと笑い飛ばした。しかし、彼の懸念は、世界中のロボットたちがオムニック・クライシスで人類に反旗を翻したことで現実となる。トールビョーンは天才的な工学の才能をかわれ、初代オーバーウォッチ攻撃部隊に参加、彼の多くの発明が紛争終結の立役者となった。数年のうちにオーバーウォッチは国際治安維持部隊となったが、トールビョーンは部隊のテクノロジーと兵器システムの要でありつづけた。

オーバーウォッチ崩壊の余波の中、トールビョーンの開発した兵器は世界中に散逸してしまう。責任を感じたトールビョーンは、自分の発明が悪の手に落ち、罪なき人々に害がなされるのを防ごうと、立ち上がる。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする