タンク ディーバ(D.VA)紹介・解説

シェアする

DVa_Profile_Picture.png

“やるからには勝つよ。”
ヒーロー名 ディーバ(D.VA)
CV 種田梨沙
ロール ディフェンス
公式操作難易度 ★★
体力:
100(メカ)
150(本体)
アーマー:
400(メカ)
0(本体)
合計:
500(メカ)
150(本体)

アビリティ

フュージョン・キャノン/パイロット・ライトガン
コスト:0 弾薬数:∞ 攻撃力:0.5~3×8
攻撃範囲
(左クリックorR2)
攻撃範囲
(右クリックorL2)
説明
20141229222041.png 左クリックorR2
メックの両腕に装備されているフュージョン・キャノンで散弾攻撃を行う。
弾薬数が無限なのでリロードの必要が無い
右クリックorL2

パイロット・ライトガン
コスト:1 弾薬数:20 攻撃力:14
攻撃範囲
(左クリックorR2)
攻撃範囲
(右クリックorL2)
説明
20141229222041.png 左クリックorR2
D.Vaがメックに乗っていない時のみ使用できるオートマチック・ブラスター。
バースト、単発射撃の両方が出来るものの、あくまでも予備の武器のためあまり火力は期待出来ない
右クリックorL2

ディフェンスマトリックス
攻撃力:0 クールタイム:10秒/持続時間:3秒
攻撃範囲 説明
20141229222041.png 前方に扇状に広がるエネルギーシールドを展開する。
エネルギーシールドはD.Vaの向いている方向にアビリティ発動中は常に張られ、エネルギーシールドが張られている方向からの攻撃は無効化される

ブースター
攻撃力:0 クールタイム:5秒:持続時間:2秒
攻撃範囲 説明
20141229222041.png ブースターを使用し、高速での移動、飛翔が可能といった三次元的な移動が可能になる。

アルティメットアビリティ

自爆/ メック召喚
持続時間:
4秒後起爆(自爆)
2秒(メック召喚)
攻撃力:1000(自爆)
攻撃範囲 説明
20141229222041.png <自爆>
D.Vaがメックから飛び降り、D.Vaを自爆させることで非常に広範囲の相手に大ダメージを与える。
自爆ダメージは自身にも適用されるので注意が必要。
メックは射出時に方向キーを押すことで射出方向を決めることが出来る。<メック召喚>
D.Vaがメックに搭乗していない場合にメックを召喚、D.Vaがメックに搭乗する

特徴

元プロゲーマーであるD.Vaがメックという最新鋭の機体を操縦し、攻撃を行うヒーロー。
他ヒーローと違う点としてはメックが倒されてしまってもD.Vaがメックから緊急離脱を行いそのままD.Vaを操作出来るため、倒されてしまっても戦闘を続行出来るという点があります。

D.Vaを操作している際は攻撃方法がライトガンしかないため攻撃方法が乏しく、威力も期待出来ませんが、メック操作時と違い体格が小さいため、倒されづらくなります。

通常攻撃は弾薬数無限のショットガンとなっているため近距離では強力ですが、遠距離では弾が当たらないのでブースターやディフェンスマトリックスで攻撃を防ぎつつ、相手の懐に入り込む必要があります。
また攻撃中はほとんど移動出来ないため逃げる相手を追い打ちする際にはブースターが必要となるため、ブーストを活用した立ち回りを考える必要があります

アルティメットアビリティである自爆は攻撃範囲にいると自身もダメージを受けるものの、最大で1000ものダメージを与え、広範囲に攻撃を行うため非常に強力な技となっています。

スキン

パッチによる変更点

ストーリー

元・プロ・ゲーマーのD.Vaは最新鋭のメックを操り、故郷を守るために戦う。

20年前、南シナ海の海底から突如として現れた巨大オムニックが韓国を襲撃。沿岸都市に壊滅的な打撃を与えると、波間の向こうに姿を消した。事件を受け、政府は来たるべきオムニックの脅威から国を守る為、機械化装甲ドローンユニット、通称“MEKA”を開発した。

政府のこの対応はただの杞憂ではなかった。数年ごとにオムニックが姿を現し、韓国や近隣諸国を襲撃するようになったのだ。オムニックは戦闘のたびに学習を重ね、新たな武装や能力を身につけていった。どうにか撃退に成功はするものの、破壊まではいたらず、政府はそれ以上の手を打つことができずにいた。

進化を続けたオムニックは、ついにMEKAの制御ネットワークまでも混乱させるようになり、軍は人間のパイロットを搭乗させることを考案する。そこで政府が目を付けたのは、プロ・ゲーマーたちだった。メックの高度な兵装システムを操るのにふさわしい反射神経と判断力を備える彼らはまさにうってつけだった。トップクラスのスター選手らが次々と徴兵され、その中には絶対的世界チャンピオン、ハナ・ソング(通称 D.Va)の姿もあった。D.Vaは卓越したスキルと、勝つためならば無慈悲に相手を叩き潰すことでも知られるプレイヤーだった。

召集に応じたD.Vaは、この新しい“ゲーム”を、ほかのMEKA部隊とともに果敢に戦った。最近では戦闘の模様を生配信するようにもなり、ファンの数は増え、今やD.Vaの人気は世界的なものになっている。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする