【Overwatch】マクリーとウィドウメーカーのバランス調整パッチが適用、PC版6月14日パッチノート

シェアする

maxresdefault.jpg

2016年6月14日パッチノート

 マクリー

開発者コメント:マクリーはパフォーマンスがあまりにも良く、どのヒーローに対しても強いのは問題です。この修正でマクリーの攻撃力は弱体化しロードホグやラインハルトに対しての効力が弱まります。ただし、ゲンジ等のヒーローに対しては未だに強力な攻撃を繰り出すことが出来ます。

修正内容

  • ファニングショットのダメージを70から45に変更
  • 弾を撃ち尽くした後のリロード移行開始時間を0.75秒から0.3秒に変更

ウィドウメイカー

開発者コメント:彼女は頭を攻撃せずに胴体を狙うことが多くそれは非常に強力だと感じているので攻撃力を低下させますがヘッドショットダメージは従来と変更はありません。また彼女のインフラサイトの必要ポイントをわずかに上げる必要があると考えています。

修正内容

  • 溜め撃ちのダメージが150から120に減少
  • ヘッドショットダメージを2倍から2.5倍に
  • インフラサイトの必要ゲージポイントを10%増加
  • スコープを覗いた後、再度覗く場合、銃の格納アニメーションが終わらないと覗けないように

バグ修正

  • カスタムゲームでの高帯域幅オプションの安定性を改善
  • マーシーがバリアやアイスウォールを攻撃している味方への攻撃ブーストでULTチャージされていた問題修正
  • リーパーが奇妙な場所にテレポートすることは出来ないように
  • ドラドのいくつかのバグを修正

http://us.battle.net/forums/en/overwatch/topic/20745235963

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする