【Overwatch】今後追加されるヒーローや新マップ、観戦機能等の強化についてOverwatchの今後についてディレクターが言及

シェアする

overwatch-tracer-reinhhardt-torbjorn-mercy-genji-mccree-winston.jpg

 先日、PC版Overwatchのマクリーとウィドウメイカーの能力の調整や細かなバグを修正を行ったパッチノートをリリースされましたがJeff Kaplan氏はOverwatchの今後について言及、2016年から2017年初頭辺りまでのおおまかなロードマップをコメントしているのでそれらをハイライトで紹介。

Overwatchの今後について

開発チームは現在2016年~2017年までの中期的なコンテンツの開発を行っており、現在はそのおおまかなロードマップに沿って開発されているとのこと。現在最も注力を注いでいるコンテンツは6月末に実装予定であるランクマッチである「Competitive Play」で現在も毎日テストプレイを行っているとコメントしています。

新しいヒーローについて

新ヒーローは現在のところ複数存在しているものの実装となるとまだまだ先になるだろうとコメントし、更に実装しないかもしれない所謂お蔵入りになるかもしれないプロトタイプのヒーローも存在するとのこと。

これらは年内に複数のヒーローを実装する予定とし、詳しい実装時期は今は言えないものの、実装する際は適時アナウンスしていくとコメントしています。

新しいマップについて

新しいマップも新しいヒーローと同列で複数進められており、現在はその進められているマップの内の1つがプロトタイプ段階とプレイテストを通過し、実装予定となる公式な開発段階に入ったとのこと。

公式開発段階のマップは実装されているような様々なオブジェクトが存在する複雑なマップでは無く、様々なオブジェクトが簡略化された状態で現在もテストを行っているとしています。

他にもこの公式開発段階のマップとは違い、プロトタイプのマップもいくつか存在しており、この中には実装されるマップと廃棄されるであろうマップが存在しているとコメントしています。

またこれらの追加コンテンツである新しいヒーローや新しいマップは先日のアナウンス通り、全て無料で提供するとしています

観戦機能について

開発チームとしては観戦機能について注目はしているものの現在はプランニングの段階であり、すぐに実装出来るものは無いとコメント。ただこれらは内部でも話題の上がることの多い重要な課題だとしています。

Play of The Gameやハイライトについて

こちらも改善を計画しており、非常に良いアイデアがいくつかあるものの、具体的な実装時期やコンセプトは発言出来ないとのこと

ウィクリー・バトル、カスタムゲームについて

Blizzard内でもこの2つの要素は非常に画期的なアイデアだとしながらもまだまだ完全では無いとコメント。サーバブラウザの導入といった大まかなコンセプトはあるものの、非常に大きな改変が必要としているのですぐさまどうにか出来るような内容では無いとし、直近のアップデートパッチ計画に含まれていないとしています。

プログレッションシステムについて

長期的な計画になるだろうとしながらもJeff Kaplan氏はプログレッションシステムの改善は図っていきたいとコメントし、おそらく地味な内容ながらも非常にクールな内容になるだろうとのこと。

ただしこの地味な内容が、多くの楽しいコンテンツを引き立たせることに役立つだろうとし、その楽しいコンテンツに関係する幾つかの機能を追加したいとコメントしています。

また恐らく終わることは無いであろうバグの修正も継続的に続けていくとのこと。

http://us.battle.net/forums/en/overwatch/topic/20745285677#post-12

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする