【Overwatch】Developer Update映像が公開、6月末に実装のCompetitive Playについて最新情報を解説

シェアする

Winston_Overwatch_003.jpg

前回、Competitive Playはクローズドβ版とは違った内容になるとアナウンスされたことをお伝えしましたがDeveloper Update映像が公開され、6月末にも実装を予定しているランクマッチである「Competitive Play」の最新情報が明らかになりました。

Competitive Playの実装時期について

Competitive Playは予定通り6月末に導入されるとコメント。この導入と同時にCompetitive Playの最初のシーズンが開始されるとのこと。

シーズンについて

Competitive Play実装と同時に最初のシーズンが開始されるとコメント。このシーズンはランクを競い合う期間が2ヶ月半、その後のオフ期間が2~3週間行われるとのこと。このシーズンは全て行われる時期の北半球の季節の名前で呼ばれることになり、6月末から始まるシーズン名は「サマー」になるようです。その後は「オータム」、「ウィンター」、「スプリング」と続くとコメントしています。

Tier完全廃止に伴うMMR導入について

β版以降も実装予定だった5つのランクであるリーグtierは完全に廃止し、更にレーティングを細分化した「MMR」と呼ばれる1~100段階に分かれたレーティングを実装するとのこと。この「MMR」はチームメンバーの「MMR」を確認することもでき、チームの平均「MMR」も確認することが出来るとしています。

新たなリワードについて

Competitive Play向けのリワードとして「Golden Gun」システムが導入されるとのこと。この「Golden Gun」システムはシーズン専用のアイコンからスプレーが含まれるとし、これらを入手するには「Competitive Play」をプレイする必要があるとしています。

またスプレーアイコン等のアイテムはMMRの値が高ければ高いほど入手する確率が高くなり、更には上位層しか手に入れることの出来ないアイテムも存在するとのこと。

サドンデスについて

現状サドンデスになる確率が35%と非常に高いとため、このサドンデスになる確率を引き下げたいと思っているとコメント。また他にもAssaultマップについては通常よりも短い試合も散見されるため、押し引きが発生するように調整したいともコメントしています。

その他について

新しいマップは今年の後半にリリースする予定とのこと。その他にも実況向けのスペクテイターモードの実装も考えているとコメントしています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする