【Overwatch】特定プレイヤー回避機能を削除した理由はトッププレイヤーを避けるという間違った使い方が蔓延してしまったため

シェアする

maxresdefault.jpg

先ほどお伝えしましたように6月21日のアップデートにて「このプレイヤーを回避する機能」であるA void this Player機能が削除されました。現在、ゲームオプションには存在しているものの既に機能はしておらず、今後のアップデートでこの項目を削除するとのこと。

また、なぜこの機能が削除されるようになったのか。Jeff Kaplan氏が解説をしているので紹介。

元々、このプレイヤーを回避する機能であるA void this PlayerはBlizzardの考えとしてはいわゆる迷惑なプレイヤーを回避するための機能として実装したとのこと。

この回避する機能とは反対の機能を有する「このプレイヤーを優先する機能」であるPrefer This Playerは正常に機能していたものの、それ以上に「このプレイヤーを回避する機能」はマッチメイキングに作用してしまい、正常なマッチメイキングを行うことが出来なくなってしまったと解説。

また回避機能を廃止する理由になった1つとしてウィドウメイカーを使用していた世界的にもトップレベルのスキルを持つプレイヤーがあまりにもクイックマッチの待機時間が長いため不具合なのでは無いかと公式に報告しました。

このことについて調査したところ、このプレイヤーが多くの他プレイヤーから回避の設定が行われており、彼のプレイヤースキルとは大きくかけ離れた彼よりも低いプレイヤースキルを持つプレイヤーとしかマッチングされないような状況になっていたとのこと。

このことからJeff Kaplan氏は想定していた使用方法とはかけ離れた使用方法が蔓延していると判断し、何回かの改善を図ろうとしたものの結果は改善されず、修正不可能と判断し削除するに至ったとしています。

情報元:http://us.battle.net/forums/en/overwatch/topic/20745504371#post-3

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする