【Overwatch】ライバル・プレイ実装や様々なバグを修正、PC版バージョン1.0.5.1(6月28日)パッチノート

シェアする

maxresdefault.jpg

 バージョン1.0.5.1(6月28日)パッチノート

新機能ライバルプレイ

0054f463c9d1903576b37707ccb4322f.jpg

関連リンク:COMPETITIVE PLAY(ライバル・プレイ)詳細解説

新要素:Competitive Play(ライバルプレイ)
Competitive Play(ライバルプレイ)はプレイヤーランクが25になることで参加する資格が与えられます。このモードはスキルと戦略を磨き、更に奥深い体験が得られるように作成されたモードとなります。このモードはまず最初に10試合を行うことで最初のスキルレートが決定し、その後はそのスキルレートに従ってマッチメイキングが行われます。

プレイヤーは試合の都度スキルレートが変動し、変動する度に同等のプレイヤーとマッチメイキングされるようになります。そのプレイヤーがよくプレイするプレイヤーなのであれば、シーズンは終盤になるほど熾烈な展開になるでしょう。

更に、ライバルプレイをプレイすることでスプレーやプレイヤーのアイコン、Competitiveポイントと呼ばれるものを入手することができ、Competitiveポイントで武器の外見を変更することが出来るスキンと交換することが出来ます。

その他にも、ライバルプレイをより面白くするためマッチ形式の変更をいくつか行いました。この変更はとてもシンプルな部分も存在しますが、多くは可能な限りゲームを破壊するような一方的な試合にならないようにする変更も含まれています。

仮に試合が引き分け状態になってしまった場合はゲームが公平に終了するようにサドンデスになる新たな要素も加えています。

ライバルプレイでは非常に熾烈なものになると予想されるので、我々はプレイヤーの行動が許容範囲なのかどうか」を注意深く監視します。これはクィックプレイやウィクリーバトルよりも厳罰化されることを意味しています!

もし仮にあなたが試合の序盤や途中で放置や退出したりすると、放置や退出をした試合が終了するまであなたは他のゲームに参加出来ません。またこういった迷惑行為が続くのであればライバルプレイの参加が制限されたり、最悪の場合ライバルプレイへの参加自体を禁止する場合があります。

ゲームシステムの調整

コントロールパッド関連

  • コントロールパッドの左右のスティックを入れ替えることが可能になった
  • レガシーコントロールオプションを追加した
    -前後の移動:左スティックの上下
    -左右の移動:左スティックの左右
    -エイムの上下:(反転可能)右スティックの上下
    -左右のエイム:右スティックの左右
    -左右のスティックの入れ替えも可能
  • デッドゾーンの操作を改善。斜めの動きの精度を向上

ゲームシステム関連

  • ウィドウメイカーのアルティメットアビリティ「インフラサイト」が発動すると、ウィドウメイカーの声がマップ全体に響き渡るようにした
  • ヒーローギャラリーに武器の項目を追加
  • AIトレーニングやプレイヤーvsAI、カスタムゲームにAIヒーローとしてマクリーを追加
  • 各種ソーシャルオプションをヒーロー選択画面と試合終了画面に追加
  • ゲーム内UIから「このプレイヤーを回避(A void this Player)の項目を削除

バグ修正

  • クロスヘアが85度~90度の間でエイムすると、武器が上限に素早く動いてしまう問題を修正
  • 途中参加した試合が終了した際に、時折キャリプロフィールに敗北としてカウントされてしまいXPボーナスを受け取れなくなる場合がある問題を修正
  • プレイヤーをノックバックさせる方向とは別方向にノックバックさせてしまう場合がある問題を修正
  • ハースストーンのスプレーが翻訳されていなかった問題を修正
  • ヒーロー選択画面でヒーローを回している時に発生するフレームレートの問題を修正
  • アンビエントライトニング関する複数の問題を修正
  • AIの他のAIに対する反応を改善
  • 様々なパフォーマンスを最適化・改善
  • キーバインドのインターフェイスで、英語キーボード以外のユニコードキーを正しく表示するように修正

マップ関連

  • ILIOSでマップエリア外に存在するヒーローの蘇生を出来ないようにした

ヒーロー関連

  • ジャンクラットのRIPタイヤのアベレージキル統計に関するバグを修正
  • ラインハルトのシールドを弾が貫通する場合があるバグを修正
  • トールビョーンがデスしている場合でもしばらくの間スクラップを拾えてしまうバグを修正

情報元:MasterOverwatch

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする