【OVerwatch】Jeff Kaplan氏がオーバータイムやサドンデスについて言及、シーズン2ではサドンデス廃止予定

シェアする

20160518-overwatch-01.jpg

本日、ライバルプレイで発生していた再接続に関する不具合やPC版ではサドンデスの制限時間に関するアップデートが行われましたが、早速Jeff Kaplan氏は調整が行われたサドンデスについて言及し、シーズン2ではサドンデスは発生しないシステムに変更することをコメントしました。

Jeff Kaplan氏によるとシーズン2では現在、アサルトで実装されている両チームがポイントを突破してしまった場合、第2ラウンドを開始しどちらかのチームが残り時間が0秒になるまで試合が行われ続けるタイムバンクシステムをペイロード、ハイブリットに実装する予定とコメント。

また、Jeff Kaplan氏はオーバータイムについても言及。オーバータイムという要素はとてもクールで好ましいアイデアだとしながらも、現状のシステムでは無駄に時間を長引かせるだけのシステムだとし、Blizzardが考えていた攻撃側の最後の攻撃という目的とは違った状態になっているとのこと。

そのうえで今後はオーバータイムシステムの改善を行い、Blizzardが本来考えていたコンセプトに沿うようなシステムにしていきたいとしています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする