【Overwatch】途中離脱者によるスキル・レート増減率の再計算を廃止、途中離脱者は最初からいなかったことに

シェアする

overwatch_versus_.png

先日のアップデート後、ライバル・プレイにて途中離脱者が発生した場合、アップデート前はスキル・レート増減率の再計算を途中離脱者発生後に行なっていましたがアップデート後は計算自体を廃止したことがアナウンスされました。

廃止前のスキルレートの増減率の計算方法としてライバル・プレイでマッチングが行われた時にどちらのチームが勝つのかをシステムが計算し、勝利チームとなる確率が高いチームが勝利した場合はスキルレート上昇率は低くなり、敗北してしまった場合はスキルレート低下率が高くなるといったシステムとなっていました。

そして途中離脱者が発生するとその時点でも勝率計算をシステムが開始するので、途中離脱者が発生したチームが勝利した場合はより多くのスキル・レートポイントを入手でき、敗北しても減少するポイントが少なくなるというシステムでした。

アップデート実装前の計算方法
途中離脱者発生 試合開始前に計算した勝率は破棄。途中離脱者発生後に残っているメンバーで勝率を再計算。スキル・レートの増減率は途中離脱発生後のものを使用。
スキル・レートの計算としては非常に正確なものの勝利チームに対する嫌がらせによる途中離脱が可能。
途中離脱者無し 試合開始前に計算した勝率を元にスキル・レート増減率を計算
アップデート後の計算方法
途中離脱者発生 試合開始前に計算した勝率をそのまま使用。途中離脱者が発生しても途中離脱したプレイヤーがいなかったかのように振る舞い、スキル・レートの計算を行う。
スキル・レートの計算はやや不正確になるものの勝利チームに対する嫌がらせは不可能。
途中離脱者無し  試合開始前に計算した勝率を元にスキル・レート増減率を計算。アップデート前との変更点は無し

Stephanie “Lylirra” Johnson女史はこの計算方法はスキル・レートを計算するうえで非常に正確なシステムだと考えていましたが、プレイヤーからは途中離脱者を増長させている原因になっているとの意見を多くもらったとし、我々は途中離脱を推奨している訳ではないのでライバル・プレイにて途中離脱を推奨するようなことは絶対にやりたくはないとコメント。

そのうえで、この修正は途中離脱を嫌がらせの手段として使用している「荒らしに対しての対策」だと説明。今後は途中離脱者が存在してもシステムはスキル・レートの再計算はせずに途中離脱者は最初からいなかったかのように試合開始に設定された勝率でスキル・レートの増減を行うとのこと。

これにより勝利側チームのスキル・レート増加率が極端に下るということは無くなるので勝利チームに対しての嫌がらせを行うことが出来なくなります、但し、スキル・レートの正確性は廃止前よりも下がってしまうとのこと。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする