【Overwatch】JCG主催で行われるOverwatchの大会で同一ヒーロー選択制限ルールが適用

シェアする

overwatch-tracer-reinhhardt-torbjorn-mercy-genji-mccree-winston.jpg

現在、ほぼ毎週行われているJCG主催のOverwatchの大会がありますが、これまでは同一ヒーローを複数選んでも良いというルールでしたが、大会共通ルール(rev.3)より同一ヒーロー選択の制限が行われました。

ルール改定内容は以下の通り

3. 対戦ルール(JCGスタンダード)」更新

  • 「ルールセット: ライバル・プレイ」を使用することとしました。それに伴い、「3-1 勝敗の決定」がライバル・プレイ仕様に変更されています。但し、ライバル・プレイのコインフリップによるサドンデスは使用しません。
  • 「ヒーロー選択制限」を「両チーム1名ずつ」に変更しました。従って、1チームで同じヒーローは1名までに制限されます。
  • 「コントロール・マップ形式」を「5」に変更しました。従って、コントロールマップは5本中3本先取で勝利となります。
  • ライバル・プレイへ変更の都合上、スクリーンショットの撮影方法が変更されています。また、撮影が義務付けられており、提出は運営からの求めに応じてするものと致します。

同一ヒーロー制限については海外ではBlizzardのクイック・プレイだけでなく、ライバル・プレイでもチーム内での同一ヒーロー選択の制限を行わないという発言やESLのルール改定の影響もあり、複数の大会で制限が解除されたばかり。

今後、プロリーグ等の設立を目標としているJCGがどういう風に世界基準のルールと折り合いを付けていくのか注目といったところとなっています。

なお海外ではチーム内での同一ヒーロー制限撤廃後の大会では「コントロールマップ」が選択された場合、マップ内に両チーム合わせて4人のトレーサーと4人のルシオが走り回るというかなり目まぐるしい状況となっており、個人的には同一ヒーロー制限ルールは賛成だったり。

情報元:JCG

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする