【Overwatch】ライバル・プレイにて「ヒーロー重複制限」ルールを実施した理由をjeff kaplan氏が言及

シェアする

rivalplay

現在公開されているPTR版でのライバル・プレイではチーム内で同じヒーローを使用するを禁止する「ヒーロー重複制限」ルールが適用されていますが、このルールはBlizzardが発言してきた「開発がルールを制限してしまうと自由な選択肢を規制してしまう」という方針とは全く逆方向の規制となっていますが何故このような規制を行なったのかjeff kaplan氏が言及しています。

jeff kaplan氏はこのヒーロー重複規制はOverwatch開発期間中でも度々議論されていたもので規制を行わないことで突拍子もないような戦略が生まれることを期待していたということと、プレイヤーに選択面での自由を与えることを目的としていたとのこと。

「クイック・プレイ」では問題にはならなかったものの勝敗が最重要視される「ライバル・プレイ」ではヒーローが重複するというのは一辺倒な戦術となることが多く、徐々に有害なシステムとなりつつあり、結局は規制するよりも面白みが無くなってしまったとしています。

  • ハイブリットやアサルトでの防衛側が反撃出来ないような速度で攻めることが出来る構成
  • 勝敗を無視した嫌がらせをするためだけの構成
  • オーバータイムにて勝敗無視の時間稼ぎをするためだけの構成

こういった行為をライバル・プレイで行われてしまうとゲームとしての面白みが無くなってしまうとコミュニティは考えており、その考えはjeff kaplan氏も同意しているとコメント。

今後はヒーロー重複制限に関してはPC、PS4、XboxOneの全ての機種にて実装を予定しているとコメントしており、もし万が一ヒーロー重複制限が実装されなかったとしても別の方法で解決を行うとしています。

情報元:Overwatch Forums

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする