【Overwatch】Sombraとアナは同一人物では無いことをJeff Kaplan氏が言及、Sombraはハッキングを得意とするヒーロー?

シェアする

img7115_04

当初はファラの母であるアナがOverwatch内の様々な場所にヒントとして散りばめられていた「sombra」なのではないかと推測されていましたが、アナが実装された後はSombraとアナは別人なのでは無いかという推測が登場しており、それについては様々な議論が行われていました。

そのSombraとアナについてJeff Kaplan氏がKotakuでのインタビューに言及しており、Sombraとアナは全くの別人だとコメントしました。

以下、インタビュー形式を一部翻訳

Kotaku:OK.じゃあ最後の質問なんだけどSombraって?

Jeff Kaplan:SombraはまるでXファイルのように調べれば調べるほど楽しみが増えるキャラクターだと思うよ。だが真実はまだ隠されている。プレイヤー達は今後も何かを発見するだろうね。いずれ分かるよ。

Kotaku:みんなはアナ=Sombraだと思っていました。これは意図的にやったの?

Jeff Kaplan:我々は長い間Sombraについての情報を出してきた。Temple of Anubisにてアナの情報を出したところユーザー達はSombraに熱心だったからアナのことをSombraだと予測したみたいだったね。熱心であることは時に視野を狭めることだよ。

「Sombraは彼女が彼女自身のことをもっとみんなに知ってもらいたいと思ったら人々に知らせるだろう」

(中略)

Sombraはきっと人をくったような答えを出してくるだろうね。そしてSombraは彼女が彼女自身のことをみんなに知ってもらいたいと思えば彼女は知らせてくるだろう。彼女はそういった類のことに長けているんだから。

インタビューから分かることはSombraとアナは別人であるということ、彼女と呼んでいることから女性ヒーローだということ、自身を知らせるといった情報面での行動に長けているということ。

またこれまで公開されたSombraのものと思われる情報は以下の通り

  • Sombraはスペイン語で”影”という意味であること
  • DoradoマップにあるコンソールがSombraによってハッキングされていること
  • アナのオリジンストーリーに埋め込まれていた暗号が16進数で書かれており、解読すると“情報を持つ者は誰しもが力を持つ”と読めるスペイン語になること
  • アナのオリジンストーリーに埋め込まれていた暗号を更に解読すると“sombra…la que tiene la informacin; tiene el poder”という意味になること
  • 上記の暗号ではXOR演算を使用し23の数値を用いたこと。これはSombraは23番目のヒーローになる可能性がある
  • リーパーはDoradoにて「sombraは来ていないのか」という発言からリーパーとSombraのことを知っている様子。この発言がSombra=アナという勘違いを起こしていた)

情報元:kotaku

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする