【Rainbow Six Siege】セミオートショットガンやパルスの調整等が行われるパッチ4.1の配信時間が発表

シェアする

maxresdefault

Ubisoftはセミオートショットガンやパルスのバランス調整を行ったパッチ4.1のプラットフォーム別配信時間を発表しました。配信はPS4版から順に1時間程度行われ、PC版が最後になるとのこと。

  • PS4版:日本時間8月25日PM10:00~10:59
  • XB1版:日本時間8月25日PM11:00~11:59
  • PC版:日本時間8月26日PM0:00~0:59

なお、パッチ4.1にで変更される内容は以下のとおりとなっています。

4.1パッチノート

パルスのバランス調整

以前のアップデートにて心音の検知頻度が向上したことから、ガジェットの活用がより快適に行えるようになったことと、心拍センサーと武器の持ち替え速度が非常に早かったという理由でパルスの性能が予想以上に強力になってしまったため以下の変更を行った。

  • パルスの心拍センサー検知範囲を13mから9mに減少させた
  • ガジェットから武器への持ち替え速度を0.4秒から1.2に増加させた

セミオートショットガンの性能の調整

セミオートショットガンは長い範囲で強力な性能を持っているためコミュニティとプロリーグのプレイヤーからのフィードバックとこれまでの統計データから、いくつかの調整を行った。

  • 25~30%程度、近~中距離のダメージを減少させた
  • 腰だめ撃ちとADS時の拡散率に影響するコーンを1.5°広くした。そのため弾のバラける範囲が広くなった

なお、この影響を受けるオペレータと武器は以下の通り

  • ヴァルキリー:SPAS-12
  • カベイラ:SPAS-15
  • フロスト:SUPER 90
  • パルス:M1014
  • テルミット:M1014
  • キャッスル:M1014img8039_01img8039_02

その他

  • 死亡したオペレータを示す×印の視認性を向上させた。
  • 86種のバグを修正

img8039_04

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする