【Overwatch】Jeff Kaplan氏、サポートヒーローの認定マッチでの評価が低くなっていることに対して言及、現在修正テスト中

シェアする

83f905a5

ライバル・プレイの認定マッチで決定するスキル・レートのサポートヒーローの評価が低すぎるという意見に対してJeff Kaplan氏が今後、調整を検討していることをコメントしました。

同氏によると現在PTRで行われているライバル・プレイシーズン2のデモはシーズン1から変更になった部分が非常に多いためシーズン1のデータはあまり参考にならないとし、現在の認定マッチのサポートヒーローの評価の判断基準となり得るデータがあまりにも少ないとコメント。

そのうえでシーズン1の評価と認定マッチリセット前の内容が混じって報告されている内容も多いため現状では問題の切り離しが出来ていないとしたうえで各サポート(ヒール)ヒーローの認定評価が適正がどうか以下のように判断しているとのこと。

  • ゼニヤッタ:認定基準に問題は無い
  • アナ:認定基準に問題はない
  • マーシー:認定基準に問題あり、現在修正テスト中
  • ルシオ:認定基準に非常に問題あり、現在修正テスト中

ただサポートヒーロー以外、名前を上げるとジャンクラットの認定マッチでの内部データでの評価が非常に低くなっているものの、ジャンクラットの評価が低く見られているのでは無いかといった報告はほとんど来ていなかったこともあり、サポートヒーローだけが評価がおかしいという意見については内部データではサポートヒーロー全般が低い結果を出しているものの、第三者からの客観的な意見を伴っていない可能性もあったので調整がしづらかったとコメントしています。

情報元:Overwatch Forums /D3Watch

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする