【Overwatch】Overbuff Tierリストの見方について

シェアする

88db0aa07db95aaea58d1e67b9605187

ほぼ毎週、海外の週末に行われている大会のヒーロー使用率をゲージやグラフで表示されるOverbuff Tierリスト。

このリストはヒーローの単純な強さでは無く、1試合における使用率からパーセンテージを決定しています。LoL等で見るTierリストは現状の環境でのメタとして表示されておりそのチャンプの単純な強さで表示されているのでOverbuffのTierリストは他のゲームとは少し違う性質を持っています。

これをあくまで個人的な見解ながら解説していきたいと思います。

Tierリストは何処まで信用出来るのか

率直に言うとTierリストはそのヒーローが性能が似通った競合しているヒーローよりも優れているかどうかという事と安定したパフォーマンスを出し続けることが出来るかということ。

OverbuffのTierリストでは能力がやや似通っているソルジャー76はD TierマクリーはB Tierですが立ち位置を理解せず能力を理解していない状況で使うマクリーよりも立ち位置を理解し能力を理解しているソルジャー76のほうが強くなる訳です。

闇雲に突っ込みファニングショットを乱射するマクリーときちんと相手との距離を取りヘリックス・ロケットや銃撃を適切に扱っているソルジャー76であればどちらが強いかといえば間違いなくソルジャー76です。

つまりOverBuffのTierリストとは同等の知識、技量を得た状況でどちらが潜在的なパフォーマンスが上なのかということをプロが使用している時間という観点から見たものとなります。

限定的な場面でのみ非常に強力になるヒーローも

特にディフェンスヒーローは限定的な場面で強力になるということが顕著に発生します。
バスティオンを例にするとエスコートでのオーバータイム発生時には攻め側は焦って単調な動きになりがち。そのタイミングで防衛側がやや距離の離れた場所にバスティオンを配置することで相手を一掃することも出来ます。

そういった限定的な場面で強力になるヒーローはOverbuffのTierリストでは軒並み低くなります。つまり単純に弱いからTierが低いというわけではなく、場所を選ぶ必要があるからTierが低いということになります。

競合するヒーローがいないヒーローはピック率は変わりづらい

ピック率がほとんど変わらないヒーローとしてリーパーが挙げられます。リーパーのピック率が変わらない理由として、競合する相手がいないからという事と、NerfやBuffを未だに受けていないという事、そして役割がはっきりとしていることが挙げられます。

つまりリーパーが今後、NerfもBuffもされないのであればピック率が上下する理由としては周りの環境が変わった時になります。
タンクが現状よりも強化されればリーパーのピック率は上がりますし、前のようにマクリーのファニングショットの威力が上がればリーパーのピック率は下がります

他ヒーローの指標としてリーパーのピック率を見るのも1つの手かもしれません。

調整後のTierリストはあまり信用出来ない

今回の1.3.0.2アップデートのように多くのヒーローに対して調整が入った直後のTierリストは非常に信用が出来ない状態と言えます。
その理由として攻撃側のピックがこれまでと違った構成になれば、それに対応して防衛側もこれまでと違った構成でピックする可能性があり、何か試行錯誤している可能性もあります。

今回のアップデートではゼニヤッタとルシオのピック率は軒並み20%程度下がり、マーシーがその使用率を吸収するかのように40%もピック率が上昇しています。ただ、これは一時的な可能性もあり、今後マーシーのピック率が上がるのか下がるのかは現状では分かりません。

プロシーンの中で画期的なマーシーの運用方法が見つかれば当然ピック率は上がりますし、ゼニヤッタのほうが良いと判断されればピック率は下がります

調整後に急激にピック率が上がったor下がったヒーローはプロシーンの中でも運用方法を模索している状態と見たほうが良いでしょう。

Tierリストはどう見れば良いのか

Tierリストはそのモードにおいてある程度のパフォーマンスを持ったヒーローであり絶対的な万能性を持つヒーローでは無いということを頭の片隅に入れて見ることで
プロが使用しているヒーロー=誰が使っても強い
という固定概念に縛られずに見ることが出来ると思います。

そしてTierが上位のヒーローだからといって全てのヒーローに対して強いかと言われれば修正前のマクリーといった特例を除き、そうでは無いということ。

最終的なヒーローの強弱を決定する要素はプレイヤーがどれだけそのヒーローに対して理解しているのか、上手く使えるのか、その状況において本当に活用出来るのかということになります。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする