【PS4】小型化、省電力化された新たなPS4が登場、2万9,980円から9月15日発売予定

シェアする

20160908_ps4_2000

SIEは「PlayStation Meeting」にて小型化、省電力化された新たなPS4のスタンダートとなるPS4が発表されました。初代PS4とデザインは似たようなものとなるものの大幅な小型化、省電力化が行われています。

9月15日発売予定、価格は500GBモデルは2万9,980円、1TBモデルは3万4,980円となります。

新型PS4の特徴

  • 初期モデルおよび現行モデルと比べて30%以上小型化
  • 初期モデルと比べて25%、現行モデルと比べて16%軽量化
  • 初期モデルと比べて34%、現行モデルと比べて28%省電力化
  • 前後に傾斜を付けたデザインは踏襲しつつ丸みを付け、柔らかい印象に
  • 500GBモデルは2万9,980円、1TBモデルは3万4,980円

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション 4」(ハードディスクドライブ:500GB/本体色:ジェット・ブラック)(以下PS4®)を日本、北米、欧州で2016年9月15日(木)より順次、希望小売価格29,980円、299USドル、299ユーロ、259ポンドにて発売いたします※1※2※3。

新型PS4®は、本体各部の構造を見直し、新たに設計・デザインすることにより、初期モデル(CUH-1000シリーズ)および現行モデル(CUH-1200シリーズ)比で30%以上の小型化を実現しました※4。加えて、初期モデルと現行モデル比でそれぞれ25%と16%の軽量化、34%と28%の消費電力低減を実現しています。

本体の外観は、前後に傾斜をつけたフォルムを継承しつつも、これまで以上に幅広いユーザーの皆様に親しんでいただけるよう、四方の角に丸みをつけ柔らかい印象に仕上げました。上面中央には、光沢感のあるPSファミリーマークのアクセントを施し、すっきりとしたシンプルなデザインで、様々なご家庭のインテリアにマッチいたします。

さらに、新型PS4®およびPlayStation4®Proに加え、これまでに発売した全てのPS4®は、超高画質映像体験を提供する次世代テレビの普及を見据え、映像本来の明暗部を再現し色彩豊かな映像を表示するHDR映像技術に対応いたします※5。対応したテレビをお持ちのユーザーの皆様は、HDR対応のゲームをはじめとした様々なコンテンツの映像を、人の目で見た現実世界に近い、自然かつ鮮やかなコントラストでご覧いただけます。
PS4®の発売からまもなく3年を迎え、ソフトウェアタイトルラインアップもかつてないほど充実しており、ソフトウェアメーカー各社様から『東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo.』(有限会社SUNFISH)、『ファイナルファンタジーXV』(株式会社スクウェア・エニックス)、『ペルソナ5』(株式会社アトラス)、『龍が如く6 命の詩。』(株式会社セガゲームス)、『Thumper』(Drool)、SIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)からは『人喰いの大鷲トリコ』、『GRAVITY DAZE 2』、『Horizon Zero Dawn』など期待のタイトルが続々と発売予定です。※6

SIEは、HDRなどユーザーの皆様のエンタテインメント体験をさらに豊かにする先進の機能を積極的に導入しながら、豊富なソフトウェアタイトルラインアップや公開以来大きな反響をいただいているバーチャルリアリティシステムPlayStation®VR(プレイステーション ヴィーアール)、そして「プレイステーション ネットワーク」上で提供する各種ネットワークサービスの拡充など、PS4®を中心としたエコシステムの魅力を高めながら、普及拡大を強力に推進してまいります。

※1 北米および日本での価格は税抜き、欧州、英国での価格は税込みです。
※2 HDD:1TBモデルの価格は34,980円(税抜)です。
※3 アジア地域での発売日および価格は別途ご案内いたします。
※4 初期ならびに現行モデルと、新型モデルの体積を比較した場合です。
※5 全てのPS4®は、システムソフトウェアのアップデートによりHDRに対応いたします。
※6 発売されるタイトルは地域によって異なります。
※7 ハードディスクには、実際にご利用いただける容量(ユーザー容量)と、システムファイル領域があり、実際にご利用いただける容量は記載されている容量よりも少なくなります。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする