【Overwach】ランクマッチの回線落ちによるペナルティについてJeff Kaplan氏が言及

シェアする

ライバル・プレイには試合を途中離脱することでペナルティが発生するようになっており、このペナルティはシーズン1よりもシーズン2のほうが厳しくなっています。この途中離脱のペナルティは故意ではない回線トラブルによる離脱に対しても行われており、このことに関してJeff Kaplan氏が言及しました。

同氏によると、故意に途中離脱したのか回線トラブルによる途中離脱なのかを判断するのは非常に難しいとし途中離脱者と回線トラブル者のペナルティは同様に行うことが、現状では最も公平な方法だと説明。

そのうえで現在行われているシーズン2では途中離脱者に対して、途中離脱によるペナルティの発生を知らせたうえで10分間のダウンタイムを与えているとしています。これは回線トラブル者が何度も途中離脱を行うことを防ぐ意味合いもあるとのこと。

また故意では無い回線トラブル者ほど何度も復帰しようとするためにライバル・プレイを頻繁に回すが、これは同じチームになった正常な回線を持つプレイヤーを巻き込む行為なので回線が不安定な時はライバル・プレイ出来れば控えて欲しいともコメント。

そのうえで回線が不安定な時は無理にライバル・プレイを行おうとはせずに回線が不安定な自分のことでは無く、巻き込まれた方の人達の事も考えてAI戦といったモードをプレイしてほしいとしています。

情報元:Overwatch Forums

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする