【Overwatch】タンク3:サポート3メタの時代の終焉?Overwatch Openから見るメタの移り変わり

シェアする

daeb8755e6bef17510eba65e207a1ba2

EUとNAで行われていたOverwatch Open。結果は1位Misfit、2位Team EnVyUs、3位FnaticとRogueとなりました。

今回はこのOverwatch Open予選の際でも猛威を奮っていたタンク3:サポート3メタについてGosuGamersが終焉を迎えるかもしれないという記事を載せていました。

Overwatch Open:メタの破壊

トーナメントに参加していたほとんどのコミュニティは3タンク:3サポートには多大な信頼を寄せ、今回の大会でも3×3メタが中心となるのだろうと思われました。しかしいくつかのチームはマップごとにチーム構成を行い、そのチーム構成はEU圏とNA圏では違ったものとなっていました。

EUのDive Composition

単独のDPSという点で見るとShadowburn、KYB、Tviqはヨーロッパにおいてのメタの指標とも言える存在です。アナが台頭する前はチーム構成としてはこれらスタープレイヤーの操るオフェンスヒーローを最大効率で運用出来るようなチーム構成を行っていました。

このトッププレイヤーの操るヒーローを無効化する方法として3×3メタが開発された訳ですが多くのチームがこの構成について学び始めた結果、この構成に対応する方法が見つかりました。

つまり3×3メタの中心となるアナをターゲットとすることです。

端的な説明をすると3タンクメタにおいてのアナは非常に重要な存在です。ダメージを受けることでタンクはアナに迅速にゲージを上昇させ、ナノ・ブーストでタンクヒーローのラインを一気に押し上げる。

ヒーロー ペイロード
ハイブリッド
防衛ピック率
ペイロード
ハイブリッド
攻撃ピック率
コントロールピック率 2CP 防衛 2CP 攻撃
ゲンジ EU 16.38% 22.97% 46.06% 21.27% 55.03%
ゲンジ NA 6.52% 15.61% 9.37% 6.55% 36.59%

ヨーロッパのチームは後衛に攻撃することが出来るヒーローを用いて3×3メタの対策としており、その方法としてゲンジを多くピックするという結果が表れています。ただ、これは相手が例え3×3メタでなくても適用されています。

もうひとつ重要な部分としてヨーロッパではゼニヤッタとウィンストンが登場する機会が多くなったということです。コントロールでも以前の3タンクの際はアナとラインハルトが登場していましたが、現在はその2人に代わり、ウィンストンとゼニヤッタが登場しています。

ゼニヤッタで長距離での回復は後衛を狙いにいったヒーローを回復する際には非常に有効な手段となっており、ウィンストンはテスラ・キャノンで後衛のヒーローを弱らせ、ゲンジの態勢を立て直すという役割を持ちます。

ヒーロー ペイロード
ハイブリッド
防衛ピック率
ペイロード
ハイブリッド
攻撃ピック率
コントロールピック率 2CP 防衛 2CP 攻撃
ゼニヤッタ EU 6.04% 11.57% 75.32% 25.32% 33.77%
ゼニヤッタ NA 4.71% 5.20% 48.41% 37.35% 23.78%
ウィンストン EU 22.33% 27.86% 92.00% 46.75% 49.19%
ウィンストン NA 21.35% 32.37% 61.05% 49.85% 49.35%
アナ EU 91.61% 85.44% 24.55% 83.12% 66.23%
アナ NA 97.37% 89.20% 50.18% 62.65% 73.32%
ラインハルト EU 84.65% 76.18% 8.00% 71.59% 53.73%
ラインハルト NA 86.43% 81.00% 45.03% 66.62% 58.99%

EU側準決勝でNiPが敗北したのも3タンクメタの終焉を示しているのかもしれません。

情報元:GosuGamers

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする

コメント

  1. […] 【Overwatch】タンク3:サポート3メタの時代の終焉?Overwatch Openから見るメタの移り変わり 投稿日 2016年10月2日 11:50:11&nbsp(総合) […]