【Overwatch】APACやApexから分かったNA&EUとアジアのヒーローピックの違い(その1)

シェアする

1l3twzrjion

OverbuffやPlanetOverwatchはこれまではEUやNAの大会のメタのみを統計しており、アジア圏のヒーローピックの方向性はイマイチはっきりとしていませんでした。しかし今回、OverbuffはAPACやApexといったアジアの大会の統計を取ったことでEU&NAとアジアでピックヒーローの違いがあることが判明したようです。

1l3tirorm1m

S Tierヒーロー

今回集計されたアジアの大会であるAPACやApexではこれまでS Tierヒーローとして君臨していたルシオですらS Tierに入らずにA Tierに落ちている。これはルシオをアジアがEUやNAほど重要視していないことを明らかにしている。

実際、アジアチームは防衛の際にはサポートはゼニヤッタ+アナの組み合わせを実行する傾向があった。ゼニヤッタの心頭滅却が強力という点がゼニヤッタをピックした理由と思われる。守備の戦略においてはアジアのほうが優秀なのかもしれない。

A Tierヒーロー

ザリアとルシオの強さは全てにおいて一線を画する。この2ヒーローがB Tierまで落ちたことはまれでこのヒーロー・デュオは世界的に見ても強力だと分かる。多くのプロゲーマー達は韓国のチームワークについて非常に賞賛している。以下のクリップはザリア、アナ、ルシオが存在し、不屈の精神とチームプレイの賜物と言える。

まるで夢のようなプレイ方法だ。ナノブーストをザリアに撃つことでザリアの移動速度を上げることで間に合ったのだ。そしてルシオのスピードアップによって残りのチームを運ぶことで防衛に成功した。

B Tierヒーロー

ブリザードはアナのULTのコスト上昇によるNerf、グレネードの効果範囲を拡げるBuffを行うハロウィンプログラムをリリースした。この変化の影響は今後数週間後になると思われる。メタはシーズン2以降はアナを中心となっており、これはアジアでも共通している。

しかしアジアでは3×3メタやベイブレードメタでしかアナを使用しないという訳ではない。アジアは全ての状況においてアナを使用している。アジアシーンでは非常に上手いゲンジ使いが多く存在し、ナノブーストを受けると化物に変身する。これはEU&NAがベイブレードメタを使うことと同じような意味合いを持つ。

アナによって様々なメタが存在していると言える。ラインハルトはナノブーストの強力な選択肢としての意味合いを持つ。コントロールマップではザリアに負けてしまうがアナベースラインナップの1人であることに変わりはない。

C Tierヒーロー

アジアチームがヒーローを非常に多く使用するため多くのヒーローがC Tierに分類されるようになった。そのため構成が有効で無いと判断されればヒーローが変更されるということが非常に頻繁に発生していた。

リーパーはB TierからナノブーストのNerfの影響か降格してしまった。ウィンストンはコントロールマップにおいて多くの場面で使用されており3タンクのラインナップの1人しても使用されている。メイは最後のポイントの防衛において登場するが、いくつかのマップではメイは攻守両方でピックされ、トップヒーロー1歩手前のような存在となっている。

マクリーとゼニヤッタはマクリーの高い攻撃力とゼニヤッタの不和のオーブを合わせたコンビとして採用されることがある。トレーサーはコントロールマップでは75%という使用率、そしてペイロードでも徐々に存在感を増し始めている。

ナノブースト+龍神剣はチームを一掃する凶悪さを持ち、非常に上手いゲンジ使いによって化物と化している。ロードホッグのフックは技能を必要とするものだがゲンジといったヒーローを引き剥がす役割を持っており、ナノブーストで強化された敵をULTによって弾き飛ばすといった方法が出来るのでナノブーストのカウンターとして使用されることがある。

D Tierヒーロー

ファラとマーシーがD Tierに昇格している。実際はD Tierには少し足りないのだが使用率は他のD Tierヒーローと0.05%程度しか変わらないのでD Tierにさせて頂いた。アジアチームはファラマーシーコンボを好んで使いたがる。ただ相手にマクリーが存在するのであれば即座に変更されていた。彼らが現環境である丸い穴にファラマーシーのような四角い杭を合わせるような行動を取る理由はよく分からない。彼らは頑なに現環境に対するアンチを決め込んでいるだけなのかもしれないが。

D.Vaは最終ポイントにて、ハンゾーは防衛では無いいくつかのマップで使用されることがあった。

F Tierヒーロー

F TierヒーローはEU&NA、アジア共に非効率なヒーローという認識のようだ。アジアチームは最終防衛ポイントの際にトレーサーとD.Vaの他にバスティオンを出すこともあったが上手くいくことは無かった。

情報元:Overbuff

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする