【Overwatch】考察:浅いようで実はとても奥が深いNo.1サポートヒーロー「ルシオ」

シェアする

83f905a5

Overwatch ベータ当初から不動のNo.1サポートとして君臨し続けるルシオ。周囲の味方全員を回復と移動速度上昇という正直アビリティ自体を変えないとピック選択から外れることは無いと言えるような非常に強力なヒーローとなっています。

ですがよく見るのは「いるだけで役に立つのだから一番弱い人がルシオをやれ」という謳い文句。初心者がルシオをピックしてもゲンジ等といった扱いが難しいヒーローと比べるとある程度形にはなるのですが、ルシオをメインにしているプレイヤーと比べるとチームへの影響は天と地ほどの差が出るヒーローでもあります。

現状のルシアナ環境では地味ながらも最も影響を与える存在なのかもしれません。そんなルシオを考察してみました。

使い分けが重要なクロスフェード

8b378377-74a1-4c01-bbfb-42eb5d85aa62

ルシオの最も重要なアビリティと言えるクロスフェード。ヒールブーストでは回復、スピードボーストでは移動速度上昇の効果を周囲の味方に付与します。基本はスピードブーストを掛けっぱなしにして集団戦中はヒールブーストを掛けるというのが基本となります。

またリスポーン等で遅れを取っているチームメンバーを前線一歩手前まで運ぶこともルシオの役目なので余裕がある際にはリスポーンまで戻ることも重要な選択肢となります。

アナがチームにいる際は集団戦中はアナの回復ではダメージに対して手が回らないのでヒールブーストを中心でも構いませんが、集団戦終了後はアナのナノ・ブーストが溜まっていない場合は即座にスピードブーストに変更し、ルシオによる回復を中断しアナに味方の回復を行わせるという判断をアナのULTをどちらが早く溜めるかの戦いとなっている現状ではする必要があります。

アナのULTが溜まっているのであれば次はルシオの番なのでヒールブーストのままでも構いません。ただ一概にもアナのULTチャージが最優先という訳では無く、相手のULTが全体的に揃っていると考えられる場合はルシオを最優先にする必要もあります。

使い所がより重要になったアンプ・イット・アンプ

lucio-screenshot-001

回復効果と移動速度上昇効果の増幅を行うアンプ・イット・アンプ。要所になりやすいゲート付近ではスピードブーストで味方を前に押し出して、ポイントまで押し込んだ後にチームの体力が全体的に下がっている場合や先陣を切るタンクヒーローの被ダメージがアナの回復量を上回っている場合は即座にヒールブーストに切り替える必要があります。

それ以外の場合ではスピードブーストを掛けっぱなしでも構いません。またアナのバイオティック・グレネードでチームの多くが回復阻害を受けている場合はルシオのヒールブーストでも回復をすることが出来ませんのでスピードブーストのままで構いません。

他にもリーパーのデスブロッサムやメイのブリザードから逃げる際にもスピードブーストは非常に役に立つものとなるので相手がULTを持っていると判断出来る場合はアンプ・イット・アンプの無駄打ちは厳禁です。

アンプ・イット・アンプは味方の生存率を大幅に上げ、ルシオのULTゲージも大きくチャージ出来るものですが、アナのULTゲージのチャージの阻害をすることは変わらないのでアナの登場やメイのBuffによって以前よりも使い所を考えなければならなくなりました。

汎用性の高いサウンド・バリア

c79f885c-278b-4024-b315-9fe4fc932ff5

周囲の味方に徐々に減少する500のシールドを付与するULT。リーパーのデスブロッサムやゲンジの龍撃剣、ソルジャー76のタクティカル・バイザーをほぼ無効化することが出来たり、攻撃の要に使えたりと非常に汎用性の高いものとなっています。

ただ、現状のアナルシオ環境では逆にサウンド・バリアしか味方全体の耐久力を上げるものが無いので、出せる機会が多いもののそれだけ攻撃手段が飽和している状況なので逆に適切な場面で出さなければ全てが水の泡になるということが非常に多くなりました。

特にナノ・ブーストハルトやナノ・ブーストリーパー、ナノブーストゲンジといった現在の主流とも言える攻撃方法に対しては明確なアンチULTとなるので相手からのナノ・ブースト前の攻撃時にサウンド・バリアを使わなくても味方が耐えられるのかを考える必要があります。

現環境ではあまり見ませんがザリアのグラビトン・サージとファラのバレッジのコンボはサウンド・バリアで到底防ぎきれるものでは無いのでこのコンボが発動してしまった場合はサウンド・バリアを発動しないといった判断も必要になります。

よくあるのがアース・シャター持ちのラインハルトやアース・シャターを決めてからナノリーパー、ナノゲンジ、ナノハルトで突っ込んでくるといった戦法。これもルシオがアース・シャターを避けなければサウンド・バリアを発動する前にチームが壊滅しますのでラインハルトの動きがこれまでよりも非常にアクティブになった場合は少し味方と距離を置いてアース・シャターを受けないような動きをする必要があります。

ルシオを初心者にやらせないほうが良い理由

現状の環境では敵アナ・味方アナのULTを活かすも殺すもルシオの使い方と言っても良いのかもしれません。引いては味方を殺すのも生かすのもルシオ次第でいるだけで役に立つ故に最も戦術的な動きが求められる存在。

まさに浅いようで奥が深い、みんな使えるけど本当に使えると言えるまでには相当の練習が必要なヒーローと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする