【Overwatch】BlizzCon2016で行われたOverwatch Q&Aまとめ

シェアする

maxresdefault

BlizzCon 2016で行われれたOverwatch開発者Q&Aまとめ

  • ジャンケンシュタインの復讐のようなPvEコンテンツを今後も作成したいと考えている。
  • 今はアーケードモードのみだがコミュニティが要望すれば1vs1や3vs3のライバル・プレイのようなものを実装する可能性がある。
  • 全てのヒーローの短編アニメーションが出来れば非常に素晴らしいと思う。だが、今は1人1人のアニメーション作成に集中している。
  • マーシーの物語には非常に興味を持っているもので現在は発表するような内容は無いが、今後の展開として期待して欲しい。
  • 21:9の画面設定のFoVに関しては非常に多くの労力を割いている。現時点ではこれが最も良いサポート内容。
  • ロードホッグのフックに関しては公平性を持たせるために積極的に修正を行っている。
  • 早期離脱者は現状ではまれで頻繁に起こらないことではあるが、ペナルティには関しては故意なのか故意では無いのかによってバランスを取る必要がある。
  • プレイヤーにはグループチャットではなくチームチャットに入るようにしてもらいたいと考えているしそのためのインターフェイスの改善を行っている。
  • フレンドでは無いプレイヤーともグループを組めるようにしたいと考えている。
  • リポートシステムはそれぞれの行為に基いて別々の制裁内容を行うようなシステムを検討している。
  • マップに雨や雪といった天候変化の機能を追加することは我々も議論しているところ。
  • クイック・プレイではマッチメイキングフィルタのようなフィルタ制限を掛けたいとは思っていない。
  • 多様性は非常に重要な要素。Overwatchは地球を舞台にしているので各国の歴史や文化をゲームにも適用していきたい。
  • イベントについてはコミュニティフィードバックから改善を行っていき、今後のイベントで何をやって、何をやらないか考えていきたい。
  • Overwatchの新しい物語はLGBT(トランスジェンダー)に関する物語。これはすぐに公開される(Blizzardが使うと長い意味に捉えられてしまうSoonという意味では無い)
  • トーナメント開催を助けるような技術を投入していく
  • ソロ専用キューの計画は現在考えていない。キューを分離させるという考えは好ましいとも思わない。
  • JeffはDoradoにある建築物が「教会」と呼ばれているが実際は「裁判所」なので「裁判所」と呼んで欲しいと思っている。
  • BlizzConで行われた試合では143tickrateで実行されていた。通常時は62.5で動作している。

情報元:Overpwn

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする