【Overwatch】Overwatch設立当初の物語を描く長編コミック「Overwatch: First Strike」の販売が中止

シェアする

1e42f3ab6a7bac23927e8ad1a846d2a6

Dark Horse ComicsがBlizzard Entertainmentと提携し2017年に100ページ以上もの長編コミックとして発売予定だった「Overwatch: First Strike」の販売が中止されることが発表されました。

Michael Chu氏によると「Overwatch: First Strike」はオムニック・クライシスの終結のために結成された組織Overwatchの設立当初の物語を描くものとなる予定でしたが、Overwatchを中心とした物語という中核は残っているものの、Overwatch設立当初の出来事をBlizzardどう捉えるかがOverwatch発表当初よりも変化してきたため販売中止に至ったとしています。

しかし初期Overwatchメンバーであるガブリエル・レイエス(リーパー)、ジョン・モリソン(ソルジャー76)、アナ・アマリ(アナ)、ラインハルト・ヴィルヘルム(ラインハルト)、トールビョーン・リンドホルム(トールビョーン)、その他未発表キャラクター達がOverwatch設立当初にどのような行動をしてきたのかをメディアという形で伝えるということはお蔵入りとなった訳ではなく現在も計画中と言及し、計画が頓挫してしまった訳ではないとしています。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする