【Rainbow Six Siege】Year2にて実装される予定の8人のオペレーターの出身国を中国版UBI公式アカウントが公開

シェアする

d88fe02b-d710-4e6f-85a4-4df9819f6628_rainbow

先日、2年目となるトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム「Rainbow Six Siege」のフルコンテンツ展開がアナウンスされ、年内にその内容が明らかになる予定となっていますが、そのYear2にて追加される8人の新たなオペレーターの出身国が中国版TwitterであるWeiboのUBI公式アカウントより判明しました。

WeiboのUBI公式アカウントによると新たに追加される8人のオペレーターの出身国はそれぞれ「スペイン、香港(中国)、イスラエル、韓国」となるとのこと。なお、このオペレーター達がどの順番で追加されるかなどの詳細情報は発表されませんでした。

どの特殊部隊が登場するかも不明となっていますがイスラエルであれば「サイェレット・マトカル」、中国では「SLCU」等が特殊部隊と呼ばれる部隊となりますがどの特殊部隊がR6Sに登場するのか予想してみるのも良いかもしれません。

情報元:Weibo

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

フォローする