【CoD:IW】多数の武器のバランスを調整するパッチノートが公開、ダブルXPが12月13日まで開催

codiw-reinforce

Infinity Wardは「Call of Duty」最新作「Call of Duty: Infinite Warfare」(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)」にて多数の武器のバランスを調整するパッチノートを公開しました。

Zombies in Spaceland

  • キックのタイミングを更新
  • マルチプレイヤーでアンロックされたcamoはパブリックとカスタムゾンビモードでもアンロックされるようになった
  • プレイヤーのネームプレートを追加
  • クラフト中にプレイヤーが切断した場合、クラフトステーションが動作しなくなってしまう問題を修正

マップ調整

  • Precinct
    -Uplink:Gardenサイドのスポーン場所を移動。Gardenのゴールを移動。Gardenのゴールを取り巻いていたリセットを削除。
    -Serch and Destroy:BボムサイトをConstructionの下に移動
  • Frost
    -Serch and Destroy:Aボムサイトをマップ中央のレーンに移動
    -ボムの取得場所をCryoチーム側に近づけた
  • Throwback
    -Serch and Destroy:AボムサイトをBike Pathの橋の下に移動させた。BボムサイトをSiloに移動
  • Scorch
    -Serch and Destroy:BボムサイトをDrillに近づけた
    -アップリンクとディフェンダーのスポーン場所を移動
  • Breakout
    -Serch and Destroy:AボムサイトをShowersに移動。BボムサイトをMedical近くにあるCliff Roadに移動
    -Uplink:Cell Block周りの屋上でのリセットを削除した
  • Retaliation
    -Serch and Destroy:AボムサイトをBridgeに移動

Payload Updates

  • シナプスの調整
    -Combat Burst:CWLの場合、移動速度のボーナスはアクティブのままで持続時間を3病にした
    -Propusion:スラスタの充電が始まるまでの時間を2.5秒増加させた。この変更によりBO3のアフターバーナーと同等の効果となる
    -Rush Down:再チャージ時間を2.5秒遅らせた。ドッジ間の時間は7.5秒にはならない。ダッシュのスピードと距離をわずかに減少させた。
  • FTL
    -Power Slide:スライドの柄距離を削除

Game Modes

  • CTF
    -脆弱性を修正、詳細は来週公開
  • Hardpoint
    -Hardpointのスポーンロジックを変更

Weapon Balance

  • Mauler – Mammoth:リコイルを増加
  • R.A.W:腰だめ撃ちの拡がりを増加させ、反動をわずかに増加
  • Fists:セカンダリスロットに入ってても強制的に切り替えしないように、これにより武器交換がよりなめらかに動作するようになる
  • DMR-1:ヘッドショットを1ショットキルに変更
  • EBR-800:ADSでのリコイル回復速度を向上させショットリカバリを補助する
  • Akimbo:ダメージ範囲を僅かに減少、腰だめ撃ちの拡散率を増加
  • Kendall 44:腰だめ撃ちのリコイルを増加
  • Hornet:腰だめ撃ちのリコイルを増加
  • アサルトライフル:特殊な拡散率を持っていない全てのアサルトライフルでの拡散率を増加させた。NV4,OSA,Type-2がこれに含まれる
  • OSA:他のアサルトライフルと比較して腰だめ撃ちの拡散率が低かったので通常のアサルトライフルと同じ拡散率を設定した
  • Kbar-32:腰だめ撃ちの拡散率を増加させた。しかし他アサルトライフルと比べると腰だめ撃ちの拡散率は低いものとなっている。初弾以降の反動の減少を削除。5発でのキル範囲を減少
  • Volk:反動を僅かに減少させ3発でのキル範囲を増加させた
  • R3K:3発でのキル範囲を増加させた

情報元:Charlie INTEL

[amazonjs asin=”B01FTGBF5I” locale=”JP” title=”コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア レガシーエディション 【CEROレーティング「Z」】 – PS4″]

スポンサーリンク
関連記事

フォローする