【Enlisted】第二次世界大戦を舞台にした新作「Enlisted」をGaijin Entertainmentが発表

F2P戦闘機アクションであるWar Thunderの開発元であるGaijin Entertainmentが第二次世界大戦を舞台にした新たなMMOシューター「Enlisted」を発表しゲーム開発の資金を募集するクラウドファインディングが開始されました。

「Enlisted」は2017年後半の早期アクセス、クローズドベータを予定しており、ローンチ時は2つの独立した大規模なキャンペーンである「モスクワの戦い」と「ノルマンディー上陸作戦」をリリースする予定とし、それぞれのキャンペーンでは歴史上においてその戦いにて使用された武器や軍隊が搭乗する予定とのこと。

それぞれの戦いを再現したキャンペーンは個別の有料ゲームとして販売される予定となっており、複数のキャンペーンを購入したプレイヤーはゲーム内でどのキャンペーンをプレイするか選択出来る様になるとしています。

情報元:Enlisted

スポンサーリンク
関連記事

フォローする