「The Division」第3弾DLC”Last Stand”にて拡張されるダークゾーンの新たな情報が公開

トム・クランシーシリーズ初のオープンワールドゲームである「Tom Clancy’s The Division(ディビジョン)」の第3弾DLC”Last Stand”にて拡張されるダークゾーンについての新たな情報がTwitchにて公開されました。

第3弾DLC”Last Stand”の拡張概要

  • Last Standに追加される内容はPvP要素とPvE要素が存在する。
  • 新しいダークゾーンとして北側エリア(DZ 07/08/09)が追加される。
  • 新しいダークゾーンである北側エリアは屋内や地下エリアを探索することが出来る。
  • このアップデートによりダークゾーンは全体のサイズが2倍近くまで拡張される
  • 従来エリアであるDZ 06とDZ 07は隣接しており、直接移動することが可能。
  • ダークゾーンの大きさは拡張されるが、プレイヤーのキャップは変化無し
  • ダークゾーンチェックポイント間をファストトラベルすることが可能になる。
  • 新たなPvPモードとして”Last Stand”モードが追加される。
  • “Last Stand”は8vs8でマッチメイキングに対応しており、参加するにはレベルが30以上である必要がある。
  • 新たな侵略ミッションも追加予定。内容は後日発表。
  • “Last Stand”のリリース日は発表されていないが配信日は全プラットフォーム同時となる。

情報元:GameSpot




関連記事

フォローする