「Overwatch」にて低レベルのサブアカウントだとなかなかマッチングしない理由についてJeff Kaplan氏がコメント

Blizzardが開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム「Overwatch」にてサブアカウントでクイック・プレイでのマッチング時間が長い理由についてJeff Kaplan氏がコメントしました。

フォーラムユーザーは自身のメインアカウントのレベルは158でレートはマスターだが自分の実力がそのレベル相当では無いと感じたのでサブアカウントでゲームをプレイしてみたところマッチング待機時間がメインアカウントと比べると10倍長かったとし、これはシステムが初心者に対してより公平にしようとしているのかもしれないが流石に長すぎるのではないかとコメントしました。

このコメントに対してJeff Kaplan氏は通常よりも待機時間が長くなってしまっているのには謝罪するとコメントし、そのうえでOverwatchのマッチメイキングシステムはプレイヤーのスキルレベルをすばやく絞り込み、その結果、投稿者のアカウントは「新規」だったとしても高いスキルレベルを持っているプレイヤーと判断したとのこと。

そのうえでシステムは「新規」プレイヤーが経験豊富なプレイヤーとの対戦する頻度を減らすように設定してあるとのことで、その理由として本当の「新規」プレイヤー達の多くは自身よりレベル(スキルレートのことでは無くレベルのこと)が高いプレイヤーとマッチすることに対して不満を感じやすいためだとし、投稿者のようなマスターレベルのスキルを持つ「新規」プレイヤーはごく僅かしか存在しないためマッチングしづらくなっているとコメントしています。

この状況を打開する1つの方法として低レベルプレイヤー以外とグループ化することだとし、これによりマスターレベルのスキルを持つ「新規」プレイヤーを素早く「新規」プレイヤー層から抜け出すことが出来るとのこと。

またこの状況が投稿者にとっては理想的な環境では無いものの、これはマッチメイキングシステムがきちんとサブアカウントと新規プレイヤーを区別して動作している証拠だとし最善を尽くすとしています。

情報元:Overwatch forums




関連記事

フォローする