Microsoft HoloLensで「Portal」を現実世界で再現、床や壁にポータルゲートを設置しキューブをワープさせる映像が話題に

床や壁にポータルガンによってポータルゲートと呼ばれるワープホールを設置し、さまざまなパズルを解いていくことで話題になった「Portal」ですが、その「Portal」をMicrosoft HoloLensを使い現実世界で実現してしまった動画が話題になっています。

動画内ではMicrosoft HoloLensを通して見た風景にポータルガンとキューブが映し出され、ポータルガンにて任意の位置にポータルゲートを設置、そのゲートにキューブを放り投げることでもう一方のゲートからキューブが飛び出すという「Portal」さながらの内容になっています。ゲートの設置の仕方によっては永遠とキューブがワープし続けるという場面も。

Microsoft HoloLensの価格は3000ドルとなっており、すぐに手に取れるような価格ではありませんが、今後は現在注目されているVR(Virtual Reality)だけでなくMR(Mixed Reality)も注目されていくのかもしれません。




関連記事

フォローする