ケネディ大統領が暗殺事件から生き延び、地球外生命体の存在が確認されている世界を描くSFアクション「Prey」の国内向けゲームプレイトレーラーと歴史解説映像が公開

Bethesda Soft WorksはArkane Studiosが開発している一人称視点のSFアクション「Prey」の国内向けゲームプレイトレーラーとトランスターコーポレーションの歴史を解説する映像を公開しました。

「Prey」は2032年に「Typhon」と呼ばれるエイリアンに占領されてしまった宇宙ステーション「Talos I」で、主人公が宇宙ステーションに隠された謎を解いていくという物語。歴史的背景としては暗殺事件を生き延びたケネディ大統領がKletkaプログラムを独占しているといった現実とは違った世界となっているようです。

「Prey」はPC/PS4/XB1にて2017年5月5日に海外で発売が予定されており国内向けリリース日は2017年内となっています。




関連記事

フォローする