「Rainbow Six Siege」入門にオススメのスターターエディションが15ドルにてUPlayで再販開始

UBIはトム・クランシー原作の『レインボーシックス』を題材としたFPSゲーム「Rainbow Six Siege」の入門パックとして最適なスターターエディションを15ドル/15ユーロにてUPlayで再販を開始しました。

「Rainbow Six Siege: Starter Edition」はオペレーターのアンロック方法が違うのみで後は全て通常版と同じというもの。スターターエディションでは最初にSmoke/Fuze/Mute/Sledge/Ash/Rookの中から2人がランダムでアンロックされ、それ以外20人の初期オペレーターのアンロックには300R6クレジットか12500名声ポイント、追加オペレーターのアンロックには600R6クレジットか25000名声ポイントが必要となります。

なおスターターエディション購入時には600R6クレジットが配布されるので追加で初期オペレーター2人か追加オペレーター1人をアンロックすることが可能となっており、通常版へのアップグレードも35ドル/35ユーロで行うことが可能とのこと。

情報元:UBIblog




関連記事

フォローする