「Overwatch」に登場するヒーロー”ロードホッグ”の1ショットキルコンボは必要なのかという質問に対してGeoff Goodman氏がコメント

Blizzardが開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム「Overwatch」にて登場するタンクヒーロー”ロードホッグ”の1ショットキルコンボはバランス取りが難しいこともありゲームとして必要なのか、フックの距離を伸ばしてショットガンの威力を下げてはどうかというコメントに対してGeoff Goodman氏がコメントしました。

Geoff Goodman氏は当初はフックで拘束されたヒーローが最初に行動を起こせるようにしたテストを行ったことがあるが、この実験では脱出手段があるヒーローはダウンしない限り、常に逃げることが出来てしまったとのこと。

しかし一部のヒーローは脱出手段があったとしてもフックによってポジションが変わってしまったためメイのクリオ・フリーズやリーパーのレイスフォームでは結局のところ倒されることになったとし、これはロードホッグから見れば明らかにひどいテスト内容だったが面白いテストだったと伝えています。

ただ、この方法だとロードホッグのフックから多くの力を取り除くことになってしまうため、もし仮にこの仕様を適用してしまうとロードホッグの価値を見出すために他の部分も変更しなければならないとコメント。

この投稿に対してフォーラムユーザーはジャンクラットのトラップのようにフックに引っかかるとアビリティは使えないものの攻撃は行えるようにしてしてはどうかという質問をし、これに対してGeoff Goodman氏はそういった方法を考えだしたことはあり、まだテストはしたことがないが試す価値はあるだろうとコメントしました。




関連記事

フォローする