「PlayStation VR」の全世界累計実売台数は91万5,000台に、4月までには供給ラインを改善

Sony Interactive Entertainment(SIE)はPS4用バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」の全世界累計実売台数が2月19日付けで91万5000台に達したと発表しました。

PSVRは現在のところ、多くの国や地域での供給不足が続いており日本でも高値で取引されている状況が続いていますが、SIE CEOであるAndrew House氏は4月までには供給ラインの改善され、ラテンアメリカが販売地域として加わるとしています。

また、現在のところPSVR対応コンテンツは100タイトルを超えており、現在も総計で220本以上のタイトルが開発され、そのうちの100本以上のタイトルは2017年内の発売を予定しているとのこと。

情報元:NewYorkTimes




関連記事

フォローする