カルト教団の狂気に取り込まれた村を探索するホラーゲーム「Outlast 2」がオーストラリアにて発売禁止に

Red Barrels Gamesが開発を行なっているガイアナ共和国で発生したカルト教団”人民寺院”による集団自殺事件をモチーフにした新作ホラー「Outlast 2」がオーストラリアの日本におけるCEROであるオーストラリア等級審査委員会に分類を拒否され、発売が禁止になったことが明らかになりました。

今作のレーティングが審査拒否された明確な理由は不明となっていますが、性的表現や暴力、薬物、犯罪、不快となる表現などが許容出来ない範囲だったためレーティング審査を拒否したと記載されています。

なお前作となる「Outlast」や「Outlast: Whistleblower」、今作のデモである「Outlast2 Demo」は18歳未満への販売を禁止するR18+で販売されていたことから今作は前作よりも更に過激な表現になっているのかもしれません。

「Outlast2」はPC/PS4/XB1にて2017年4月25日に発売予定となっています。

情報元:PC Gamer




関連記事

フォローする