「PlayerUnknown’s Battlegrounds」の動作を少しでも軽くするための設定

Blueholeが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム「PlayerUnknown’s Battlegrounds」は現在早期アクセス中ということもあり最適化されていないためか非常に重いゲームタイトルとなっています。

今回はその「PlayerUnknown’s Battlegrounds」の動作を少しでも軽くするための設定を紹介。

※今回紹介する内容はあくまでも動作を軽くするための方法であり、環境によってはいくつかの不具合が発生する場合がありますので自己責任でお願いします。

グラフィック設定を1段階上げてみる

あくまでも予測の範囲ですが、グラフィック設定が低以下の場合、一度読み込んだグラフィックをCPUを使用してダウンスケールする処理を行っているためグラフィック設定を「非常に低」にしているプレイヤーは設定を「低」にすることでFPSが上がる場合があるとのこと。

Steamの起動オプションを設定

  • Steamのライブラリにある「PlayerUnknown’s Battlegrounds」を右クリックすることで表示されるプロパティを選択後、起動オプションを設定をクリックし入力欄に以下の内容を入力する。

-malloc=system +mat_antialias 0 window -USEALLAVAILABLECORES -sm4

  • ただし、この起動オプションの”-sm4”を入力するとスコープを覗いた際にスコープが曇っているような表現が発生する場合があるとのこと。また”-sm4”を記入しなかったほうがFPSが上がったという報告もあり

iniファイルの設定内容を変更

  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\TslGame\Saved\Config\WindowsNoEditor を開き以下の内容をそれぞれのiniファイルに入力し読み取り専用で保存する

GameUserSetting.iniの[ScalabilityGroups]を下記の内容で変更し読み取り専用で保存

[ScalabilityGroups]
sg.ResolutionQuality=70
sg.ViewDistanceQuality=0
sg.AntiAliasingQuality=0
sg.ShadowQuality=0
sg.PostProcessQuality=0
sg.TextureQuality=0
sg.EffectsQuality=0
sg.FoliageQuality=0
sg.TrueSkyQuality=0
sg.GroundClutterQuality=0
sg.IBLQuality=0
sg.HeightFieldShadowQuality=0

Engine.iniに下記の内容を追記し読み取り専用で保存

[Core.System]
Paths=../../../Engine/Content
Paths=%GAMEDIR%Content
Paths=../../../Engine/Plugins/OceanPlugin/Content
Paths=../../../Engine/Plugins/Mutable/Content
Paths=../../../Engine/Plugins/Runtime/Coherent/CoherentUIGTPlugin/Content
Paths=../../../Engine/Plugins/RoadEditor/Content
Paths=../../../Engine/Plugins/2D/Paper2D/Content
Paths=../../../Engine/Plugins/Wwise/Content

[/script/engine.engine]
bSmoothFrameRate=true
MinDesiredFrameRate=60
SmoothedFrameRateRange=(LowerBound=(Type=”ERangeBoundTypes::Inclusive”,Value=60),UpperBound=(Type=”ERangeBoundTypes::Exclusive”,Value=144))
MaxPixelShaderAdditiveComplexityCount=128
MaxES2PixelShaderAdditiveComplexityCount=45
TimeBetweenPurgingPendingKillObjects=30
bDisablePhysXHardwareSupport=True

[/script/engine.renderersettings]
r.SeparateTranslucency=False
r.CustomDepth=1
r.DefaultFeature.Bloom=False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusion=False
r.DefaultFeature.AmbientOcclusionStaticFraction=False
r.DefaultFeature.MotionBlur=False
r.DefaultFeature.LensFlare=False
r.DefaultFeature.AntiAliasing=0
r.ViewDistanceScale=1
r.ShadowQuality=0
r.Shadow.CSM.MaxCascades=1
r.Shadow.MaxResolution=256
r.Shadow.RadiusThreshold=0.1
r.Shadow.DistanceScale=0.1
r.Shadow.CSM.TransitionScale=0
r.DistanceFieldShadowing=0
r.DistanceFieldAO=0
r.DepthOfFieldQuality=0
r.RenderTargetPoolMin=300
r.LensFlareQuality=0
r.SceneColorFringeQuality=0
r.EyeAdaptationQuality=0
r.FastBlurThreshold=0
r.Upscale.Quality=1
r.TonemapperQuality=0
r.RefractionQuality=0
r.SSR.Quality=0
r.SceneColorFormat=3
r.TranslucencyVolumeBlur=0
r.MaterialQualityLevel=0
r.SSS.Scale=0
r.SSS.SampleSet=0
r.EmitterSpawnRateScale=0.75

Scalability.iniに下記の内容を追記し読み取り専用で保存

※この設定を使用するにはゲーム内設定がvery low設定である必要があるとのこと

[ScalabilitySettings]
PerfIndexValues_ResolutionQuality=”50 50 50 50″

[AntiAliasingQuality@0]
r.MSAA.CompositingSampleCount=1

[ViewDistanceQuality@0]
r.SkeletalMeshLODBias=5

[ShadowQuality@0]
r.LightFunctionQuality=0
r.ShadowQuality=0
r.Shadow.CSM.MaxCascades=0
r.Shadow.MaxResolution=32
r.Shadow.RadiusThreshold=0.24
r.Shadow.DistanceScale=0.1

[PostProcessQuality@0]
r.DepthOfFieldQuality=0
r.RenderTargetPoolMin=200
r.Upscale.Quality=0

[TextureQuality@0]
r.MaxAnisotropy=0

[EffectsQuality@0]
r.TranslucencyLightingVolumeDim=1
r.RefractionQuality=0
r.SceneColorFormat=3

[FoliageQuality@0]
r.ParticleLightQuality=0

情報元:Steam