Blizzard、「Overwatch」等のチートプログラムの開発を行なっている会社”Bossland”との裁判に勝訴、約9億3000万円の賠償命令

BBC News等の複数の海外メディアはBlizzardが昨年7月頃に告訴していたドイツにある不正ツール作成会社”Bossland”との裁判に勝訴し、カルフォルニア州裁判所は”Bossland”に対し856万3000ドル(約9億3000万円)の支払いを命じたことを報じました。

報じられた内容によるとカルフォルニア州裁判所は”Bossland”が製作している不正ツールによってプレイヤーの体験が損なわれ、プレイヤーがゲームのプレイをやめる原因にもなり、これはBlizzard製品に対する侵害だと判断したとのこと。

これにより”Bossland”はHonorbuddy、Demonbuddy、Stormbuddy、Hearthbuddy、Watchover Tyrantといった不正ツールによる4万2818件の著作権法違反での賠償命令として856万3000ドル(約9億3000万円)のほかBlizzard側の弁護士費用として17万4872ドル(約1920万円)の支払いを行う必要があるとしています。

情報元:BBC News/EURO GAMER




関連記事

フォローする