今後のゼルダの伝説シリーズは「ゼルダの伝説 BotW」の”オープンエアー”形式がスタンダートに

任天堂は同社がNintendo Switchのローンチタイトルとして3月3日より発売を開始したゼルダの伝説最新作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のオープンワールドである”オープンエアー”形式がスタンダートになることをファミ通のインタビューにて明らかにしました。

また今回のガノンが厄災という概念的存在になった理由として「ガノンがもしキャラクターとして存在するのであれば、彼のバックボーンが必要となってしまい、ゲームを進行するうえで邪魔になってしまうため」だとし、今回はガノンドロフというキャラクターでは無く、厄災という概念的な存在なったとのこと。

また今作がハイラルの歴史においてどの時間軸に存在しているのかという質問に対しては藤林秀満氏はプレイヤーの想像力に任せたいとしており、青沼英治氏はハイラルの歴史は時間と共に変化を繰り返しており、歴史の教科書のように細かい部分はどんどん変わっていっているとコメント。そのうえで今作は新たな古文書が見つかったような状況であるとコメントしています。

情報元:Gematsu/VG247