King’s Rowでの暴動と出動禁止の命令の間で苦悩するエージェント達を描いた「Overwatch」第12弾コミック”UPRISING”が公開

Blizzardは同社が開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム「Overwatch」の第12弾コミック”UPRISING”を公開しました。

今回のコミックはOverwatchがまだ存在していた7年前にNull Sectorと名乗る過激派組織のロボットがKing’s Rowにて暴動を起こしたものの、Overwatchは英国政府から介入を拒まれており、Overwatchのトップだったジャック・モリソンが命令に従うのか、それとも独断で介入するのか苦悩するといった内容となっています。

情報元:Overwatch




関連記事

フォローする