「PlayerUnknown’s Battlegrounds」の早期アクセスアップデート2が本日午後5時に実施、クライアントの最適化や足音が聞こえにくくなっていた問題の解消など

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム「PlayerUnknown’s Battlegrounds」の早期アクセスアップデート2を日本時間の本日午後5時に行うことをアナウンスしました。

今後のアップデート内容について

クラインアントの最適化

  • 今月後半には、最初のクライアント最適化パッチを導入する予定。
  • ゲームをプレイする際に最高の体験を得られていないことには理解しており、全てのプレイヤーのパフォーマンス向上に努めているが、最適化プロセスには時間が掛かる

サウンド

  • ゲーム内のサウンドシステムの作業を行うため、低レベルで行った変更により予期せぬ問題が発生する場合がある。
  • ユーザーの多くから報告されたものの1つとして足音があり、この問題は足音にオクルージョンシステムを追加したため発生した。
  • これらの音がどれくらい遮られるかの計算が間違っていたため、足音が聞こえにくくなってしまったがこれは修正される。
  • 今後はオクルージョンシステムによりサウンドだけでプレイヤーの動きを追跡するということは遥かに簡単になるだろう
  • 何処から撃たれているのかということが分かりづらいということも問題として考えており、今後はこれらのシステムの改善も努めていく。

サーバーパフォーマンス

  • 我々はあなた達が見たようなサーバーでの問題を認識しており、私たちはこれらの問題を解決するために懸命に努力してきた。簡潔に言うとこれはプレイヤーに対してのサーバー数の問題ではなく、サーバーコードの最適化に関する問題だった。
  • Unreal Engineのコアコードに問題が見つかり、この問題によってサーバー側はDDoS攻撃を受けていると誤認し、サーバー上でこの動作が検出されたことが引き金となり受け取ったパケットの90%がカットされてしまい、ゴムバンド現象が発生していた。
  • 本日のアップデートでこの問題に対する修正プログラムが実施され、今後も安定性とパフォーマンスの向上を行っていく。

4月6日パッチノート

パフォーマンスの向上

  • 中距離から建物をロードする際のクラインアントパフォーマンスを向上させた
  • サーバーのパフォーマンスを向上させた

ワールド

  • 長距離の建物が見えなくなる問題を修正した

サウンド

  • 低音量でのドアの開閉音に関する問題を修正した
  • 風、雨、足との音量を調整
  • バギーの音を調整
  • 雨天時にはランダムで雷鳴が鳴るように

バグ修正

  • プレイヤーが岩の中に潜り込んで他プレイヤーを攻撃することが出来た問題を修正
  • 特定の地域において発生していたプレイヤーの問題に対処するための修正を適用した
  • 武器の切り替えに関するいくつかの問題を修正
  • コンパスの方向が正しく表示されない問題を修正

情報元:Steam