ゲーム動作の最適化やゲームライブ配信機能を追加するWindows 10大型アップデート「Creators Update」の提供が開始、一般向けアップデートは4月11日から

マイクロソフトは本日、Windows 10の大型アップデートとなる「Creators Update」の提供を本日より開始しました。

今回の提供は手動アップデートのみでの提供となっており、「Windows 10 更新アシスタント(Windows 10 Update Assistant)」が必要となっています。なお一般向けアップデートは予定通り4月11日に予定されています。

「Creators Update」アップデートでは”Paint 3D”の標準アプリケーション化といったクリエイター向けのアップデートの他にCPUやGPUの処理を起動中のゲームに優先しPCゲームのパフォーマンス向上を謳う”Game Mode”やマイクロソフト傘下のライブ配信プラットフォーム”Beam”への配信環境を提供するとのこと。




関連記事

フォローする