「Overwatch」ゲンジの龍撃剣を一部プレイヤーが通常よりも多い回数スイング出来ていた問題に対してGeoff Goodman氏がコメント

2020b5a61fd33d5e4ef0257acd5aa20e

Blizzardが開発、販売(日本でのPS4版販売はSQUARE ENIX)を行なっているアクションシューティングゲーム「Overwatch」にて以前よりゲンジの龍撃剣を一部プレイヤーが通常よりも多い回数スイング出来ていた問題に対してGeoff Goodman氏がコメントしました。

  • 前回の大きなパッチの前はゲンジは遅延の仕方によっては龍撃剣のスイング回数を6回ではなく7回行うことが出来ていた。
  • この不具合は現在は修正されており、一部のプレイヤーは以前よりも龍撃剣をスイング出来る回数が少なくなっていることを意味している。
  • だがこの不具合の詳細を確認すると7回目をスイングする際に必要なPingのしきい値が低いので多くのプレイヤーは6回のスイングよりも7回のスイングが出来るほうに慣れている可能性がある。
  • このことを念頭に置いてスイング速度を上げる調整を行う可能性がある。このアップデートに関しては必ず実装されるという保証はないが、実装されるのであればパッチノートに記載されるだろう。
  • これらの問題の多くは遅延が原因となっているものでサーバーからの確認が行われる前にヒット・エフェクトがクライアント側で実行されてからレスポンスされるためである。
  • ラインハルトでもこのような問題があると報告もされており、我々はこれらを調べてより良いものに出来るかどうか判断するつもりだ。

情報元:Overwatch Forums

スポンサーリンク
関連記事

フォローする