「PlayerUnknown’s Battlegrounds」アップデート後、頻繁に発生していたゲームクライアントがクラッシュする問題が修正、EUやNAのリーダーボードも正常に統計されるように

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム「PlayerUnknown’s Battlegrounds」にて先日のアップデート後、頻繁に発生していたゲームクライアントがクラッシュする問題を修正し、あわせてEUサーバーやNAサーバーのソロ専用リーダーボードも正常に統計されるようになったことをアナウンスしました。

ゲームクライアントがエラーメッセージ表記後やエラーメッセージすら表示されずに画面がフリーズし、クラッシュしていた原因は窓ガラスが割れることだったとのことで、現在は既に不具合を修正したバージョンの実装を完了したとのこと。