Call of Duty最新作「Call of Duty:WWII」のARGサイトから判明した主要な登場キャラクターや情報のまとめ

Sledgehammerが開発を行っている第二次世界大戦を舞台にしたCall of Duty最新作となる「Call of Duty:WWII」のARGサイトから判明した主要な登場キャラクターや情報のまとめ

新たに判明した主要なキャラクターたち

Robert Zussman

手紙の内容からZussmanはシングルプレイヤーの主役であるRonald Danielsの友人と思われる。両者とも同じ歩兵部隊に入隊している。

M1A1カービンのイメージ。画像左上にはZussmanの名前。

Zussmanが1944年5月29日に書いた手紙。

司令官に報告するためのものと思われるPiersonが記入したZussmanに関する内容が記述された報告書

ZussmanとDanielsと思わしき2人の人物にZussman with best friend Danielsと記述された写真とシカゴ・ホームタウンを写したものと思われる写真を確認することが出来る。

Edgar Crowley

Edgar Crowleyに関しては残念ながら他の画像を見てもどのような人物なのかの詳細が判明していない。ただ彼は特殊作戦課を専攻しているということのみ判明している。

詳細不明。ただ右上にCrowleyの名前が記入されていることからCrowleyに関連する内容だと思われる。

ステン短機関銃のイメージ

フランス北東にあるマルヌ周辺を描いた地図。詳細は不明。第二次マルヌ会戦を暗示する内容?

エージェントに関する機密書類。詳細不明

Rousseau

Crowleyと同様に他の画像を見てもどのような人物なのかの詳細が判明していない。ただ彼女はフランスのゲリラ抵抗戦闘員のグループであるマキの指導者であることが知られている。

パリを撮影したものと思われる写真が掲載されている画像

ゲリラ抵抗戦闘員のグループ”マキ(Maquis)”の記述を確認することが出来る手紙

Greda Schneiderのものと思われる身分証明書?顔写真の部分が破り取られており顔の下半分が分からなくなってしまっている。

PARTNERS?と記入された2人の男性と1人の女性が映されている写真。左側の男性の顔は何かでこすられたような痕が確認出来る。

Ronald Daniels

シングルプレイヤーキャンペーンの主人公となる人物。Danielsはテキサス出身の19歳で階級は兵卒となっている。

M1ガーランドのイメージ画像、左上には主人公であるDanielsの名前。

Danielsの幼少期と思われる写真が掲載されている画像。Born in Longview Texasという文字が確認出来る。

情報元:PvP Live/Charlie INTEL

[amazonjs asin=”B07254346J” locale=”JP” title=”【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII”]

[amazonjs asin=”B071YN1164″ locale=”JP” title=”【PS4】コール オブ デューティ ワールドウォーII【Amazon.co.jp限定】アイテム未定”]




関連記事

フォローする