「PlayerUnknown’s Battlegrounds」にて今後実装予定の2つのマップの一部概要が公開、1つはアドリア海に浮かぶ島、もう1つは砂漠の荒廃した街に

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム「PlayerUnknown’s Battlegrounds」にて今後実装予定の2つのマップの一部概要を明らかにしました。

Gameinformerによると1つ目のマップは旧ユーゴスラビアの領土であったアドリア海に浮かぶ島をモチーフにしており、島の最も特徴のある点としてマップ北側には鬱蒼と茂る森林、南側には地中海沿岸、そして中心は雪の多い連山になるとのこと。島のサイズは8x8km になり構造物は様々な様式な年代の建築様式が異なるものが建てられているとのこと。

2つ目のマップは4x4kmと従来のマップよりも小さめのマップになるようで、砂漠の都市になるとのこと。かつては美しい街だったが現在は戦争と砂嵐によって見るも無残な荒廃した街になっているとのことで南と東には川が流れており、この川は都市が破壊された後に残る小さな村の生活を支えているものになっているようです。またマップ北側の山腹にはスラムも存在しているとのこと。

情報元:Gameinformer