プレイヤーの選択によって物語が変わるアドベンチャーゲーム「Life is Strange」の販売本数が300万本を突破、続編が開発中でもあることも明らかに

DONTNOD Entertainmentは同スタジオが開発を行い、スクウェア・エニックが販売しているプレイヤーの選択によって物語が変わるアドベンチャーゲーム「Life is Strange」の販売本数が300万本を突破を突破したことをアナウンスし、あわせて続編の開発が行われていることを明らかにしました。

ただ、現在のところ日本での販売やどのような物語になるのかといった詳細は不明で続編が開発中であるということ以外は明らかにされておらず、6月より開催されるE3での出典も予定されていないとのこと。




関連記事

フォローする