『PlayerUnknown’s Battlegrounds』スコープの照準がガンバレルの実際の位置と異なっていた問題の修正を予告

Blueholeは同スタジオが開発を行っている100人のプレイヤーが8平方kmの島で生き残りをかけた争いを行うバトルロワイヤルゲーム『PlayerUnknown’s Battlegrounds』のスコープの照準がバレルの実際の位置と異なっており、ブレていた問題を修正することを予告しました。

動画によると修正前は銃弾を発射した後に続けて銃弾を発射した場合、ブレによってガンバレルが実際に狙っている部分とスコープの照準の位置とは大きな違いがあったとのことで、この違いの修正を行ったとのこと。これにより、これまでよりも遠距離が狙いやすくなるものと思われます。

なお、この修正は今週の後半に行われるマンスリーアップデートにて実施されるとしています。