Boss Key Productionsデビュー作『LawBreakers』のPS4対応がアナウンス、シーズンパス等の有料コンテンツの販売は無し

Boss Key Productionsは同スタジオが開発を行っている新作アリーナシューター『LawBreakers』のPS4対応をアナウンスし、あわせてシーズンパス等の有料コンテンツの販売や価格について発表しました。

発表によると『LawBreakers』の発売日に関しては、現在も未定となっていますが29.99ドルでの発売を予定しているとのことで、シーズンパス等の追加有料コンテンツの販売は予定されておらず、発売後に追加されるコンテンツは全て無料で提供されるとのこと。

追加コンテンツが無料で提供される理由としてプレイヤーのスキルが主体となっている本作で有料でコンテンツを追加することはそぐわないとし、またコンテンツによるユーザーコミュニティの分断を避けるためだとしています。

なお、課金要素としてマイクロトランザクション要素が存在するものの、これらは購入したプレイヤーが有利になると言ったP2W(Pay to Win)方式になることは無いとしています。

またPS4版とPC版の販売価格も発表されており、どちらも29.99ドルでの販売を予定。PS4版に関してはPS4 Pro使用によるゲーム体験の強化も行うとのこと。なお、PC版とPS4版のクロスプラットフォームは予定していないようです。

『LawBreakers』はPS4/PCに向けて発売日は未定、29.99ドルでの発売を予定しています。

情報元:DualSHOCKERS/Gamespot




関連記事

フォローする