『Overwatch』月が舞台となる「Horizon Lunar Colony」のヒントか、「Lijiang Tower」のオブジェクトに変化

Overwatchワールドにて中国の麗江に建設されており、賑やかな通りにある店舗や庭園、レストランが並ぶナイトマーケットや中国の最先端宇宙企業”Lucheng Interstellar”の本拠地が存在するLijiang Towerのオブジェクトが変更され、ウィンストンの故郷である「Horizon Lunar Colony」のヒントと思われる画像が追加されているようです。

画像が変更されている部分は1つ目はコントロールセンターにあったモニターに映し出されていた映像。以前はワールドマップでしたが、今回のアップデートにて「Horizon Lunar Colony」のマップと思われる画像が映し出されています。

アップデート前

アップデート後

また上記のコントロールセンターのモニター以外にもガーデンのキャプチャポイント中央にあるポールの広告も変更されており、以前は月面探査機らしきビーグルが描かれていましたが、今回のアップデート後は人工衛星と月が描かれています。

アップデート前

アップデート後

月が舞台になるとされている「Horizon Lunar Colony」に関しては以前よりデータマイニングにて今後、実装されるであろうとは予期されてきましたがゲーム内でそれを示唆するようなものは出てきていませんでした。

今回こういったいくつかの要素が出てきたこともあり、近いうちに再び何らかの情報が出てくるのかもしれません。

情報元:PvP Live

[amazonjs asin=”1506705537″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”The Art of Overwatch Limited Edition”]

[amazonjs asin=”1506705405″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Overwatch: Anthology Volume 1″]




関連記事

フォローする