開発者が『Overwatch』の近況を解説するDeveloper Update映像が公開、今回は新たに追加されたスキンやマップ、モードがテーマに

Overwatch開発者による今後のOverwatchのアップデート等を解説するDeveloper Update映像が公開されました。今回はアニバーサリーイベントで追加されたスキンやマップ等がテーマとなってます。

  • ハンゾーメインの人たちが求めていた新たな本当に素晴らしいハンゾーのレジェンダリースキンを追加した。
  • 同じく新たなザリアのスキンを求めている声も届いていた。
  • ルシオのレジェンダリースキンでは我々は1つの実験行っており、ルシオのスキンに新たに2つのサウンドを追加した。これらのサウンドは「ヒール」と「ブースト」に適用されている。
  • トレジャー・ボックスには新たにダンスエモートが追加されている。
  • 「ソルジャー76はどのようなダンスを踊るのだろうか?」、「リーパーやラインハルトのダンスは?」。私たちはプレイヤー達がこれらのエモートをアンロックして、チェックすることを願っている
  • 今回のイベントの一環として恒久的でクールなコンテンツの追加も行っている。
  • アーケードには新たに3つのアリーナマップを追加した。これらのマップはEcopoint: Antarcticaのように小さなもので、いくつかの異なるモードをプレイすることが出来る。
  • アリーナマップの1つ「Black Forest」はアイヒェンヴェルデ城と短編アニメ”The Last Bastion”の舞台となった黒い森の間に存在しているマップ。敵スポーンポイントへのショートカットが存在するので即時衝突ということもありえる。
  • 「Necropolis」は夜のTemple of Anubisが舞台。ここではジャック・モリソンがアナ・アマリからの情報を得るために待機していたということや、アナのワークショップや隠れ家も存在している物語として特別な場所となっている。
  • 「Castillo」にはソンブラのハッキングスペースやマクリーとソンブラが出会ったバーがあり、近くにはロス・ムエルトスのたまり場である路地もある。また、Dorado全体を見渡すことが出来る場所がある。実際に眼下に広がるDoradoの風景を見て欲しい。
  • これらのマップはOverwatchの恒久的なコンテンツの1つとなる。
  • 新たに「リミテッドデュエル」モードを追加した。これはヒーローがランダムに3人選ばれてプレイヤーは選ばれたヒーローの中から1人ヒーローを選び、プレイすることになる。
  • 更に追加で「ロックアウト・エリミネーション」モードも追加している。これは勝利したラウンドに使用していたヒーローがその後のラウンドで使用できなくなるというもの。つまり、こういったモードで強いとされているロードホッグやソルジャー76を何度も利用することは出来ない。
  • これらのモードはコミュニティから考案され、とても素晴らしい案だと思った。
  • これらのモードはカスタムモードで調整することが出来るため、今回紹介した内容はごく一部に過ぎない。

[amazonjs asin=”1506705537″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”The Art of Overwatch Limited Edition”]

[amazonjs asin=”1506705405″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Overwatch: Anthology Volume 1″]




関連記事

フォローする