国内向け『Far Cry 5』の発売は2018年春に、日本語版アナウンストレーラーも公開

UBISoftはオープンワールドFPSゲーム「Far Cry」シリーズの最新作である狂信的終末カルト教団“Project at Eden’s Gate”との戦いを描く『Far Cry 5』の日本語版アナウンストレーラーを公開し、あわせて国内での発売を2018年春に予定していることをアナウンスしました。

今作の舞台はアメリカ、モンタナ州にある架空の街”ホープカウンティ”となっており、主人公の敵となる存在は教団“Eden’s Gate”となっています。

“Eden’s Gate”は牧師”Joseph Seed”が率いる狂信的終末カルト教団で”Eden’s Gate”は武力でホープカウンティの住人を支配下に置いているとのことで、主人公は”Eden’s Gate”の支配下に置かれてる住民やレジスタンス達とコミュニケーションを築き、”Eden’s Gate”の打倒することが目的となります。

『Far Cry 5』は海外では2018年2月27日に、国内では2018年春にPS4/Xbox One/PC向けに発売が予定されています。




関連記事

フォローする